ケイトリン・オズモンド一覧

ケイトリン・オズモンド今季全休でチームカナダがちょっとさみしい

カナダのケイトリン・オズモンド選手が、今季は休養すると表明しました。GPSには出ないと言っていましたが、カナダナショナル以降の大きな大会には出るのではないかと期待していました。 カナダは五輪後に休養や引退した選手が多くて、GPSの顔ぶれを見てもちょっと寂しいです。

フィギュアスケート2017-18末のワールドランキング 羽生結弦/オズモンド1位!

ISUの2017-18シーズン終了時のワールドスタンディングとシーズンランキングです。 「ワールドスタンディング」は、2017-18シーズンと前季2016-17シーズンと前々季2015-16シーズン(70%)の合計ポイントでの順位です。「シーズンランキング」というのは、2017-18シーズンのみの順位です。

フィギュアスケート世界選手権2018 女子SP 宮原知子3位発進!

五輪の年には世界選手権はいらないんじゃ、なんていう声もありますが、世界選手権はまた別物。五輪よりも出場選手の数も多いし。五輪に出場した選手は、ちょっと調整が大変だったりするかもしれませんが。 1日目は女子のショートプログラムが行われました。宮原知子選手が3位発進です!

平昌五輪2018 フィギュアスケート 女子 ザギトワの金メダルと宮原知子の美しい演技!

すごいレベルの高い戦いで、見ている方も疲れましたね~。選手のみなさん、おつかれさま、ありがとう! 女子の金メダルは、ロシアの15歳ザギトワ選手の手に。絶対女王と言われていたメドヴェデワ選手は銀メダルでした。 宮原知子選手は、SPもFSも自己ベストを出し、メダルこそ逃しましたが記憶に残る素晴らしい演技でした!

平昌五輪2018フィギュアスケート団体 女子SP、アイスダンスSD、ペアFS

このオリンピックの紫色の装飾は、ちょっと暗い感じがするのですが、フィギュアスケートの衣装って紫に合う色が多いんですね。宮原知子選手のSPのピンクも、紫の会場にとても良く映えました。 団体2日目は、盛りだくさんで見るのが大変でした。アメリカ時間だし・・・...

グランプリファイナル2017 3日目 女子 宮原知子5位、ザギトワ優勝!

盛りだくさんのGPF2017、3日目でした。どの試合も息を詰めて見る感じで、ちょっと疲れちゃいました。 まずは、シニア女子FSです。 やっぱりザギトワ選手は強かった!そしてコストナー選手、あのジャンプ構成でもこの点数を出しちゃうんですよえ。

グランプリファイナル2017 2日目 男子宇野昌磨銀、女子SP宮原3位、ジュニア男子須本銅!

グランプリファイナル2017の2日目。やっぱり女子は強いわ! 女子SPは、全員がスピンステップオール4という、おそろしい試合になりました。点差もあまりありません。 男子ではシニアで宇野昌磨選手が銀、ジュニアで須本光希選手が銅メダルを獲得しました。おめでとうございます!

グランプリファイナル2017 日程と出場選手と展望

グランプリファイナルが近付いてきました。グランプリシリーズの結果が予想外だったり(特に男子ね)、ケガで欠場の選手もいたり、今季のグランプリはどうも波乱含みです。 そのグランプリファイナル、ジュニアも同時開催です。みんなケガなく力を出し切れますように。

スケートカナダ オータムクラシック・インターナショナル2017 羽生結弦初戦!

いよいよ羽生結弦選手の初戦、スカート・カナダ オータム・クラシック・インターナショナル2017です。やっと見られる羽生選手の新プログラム、楽しみです。男子では他に、村上大介選手が出場します。 女子では三原舞依選手、新田谷凛選手が出場します。

フィギュアスケート世界選手権2017 女子 メドヴェデワ2連覇 三原5位!

はぁ~、疲れました~。手に汗握る試合でした。すごい~。 この大会、どの種目もそうですが、とにかくレベルが高い!最後まで目が離せない試合展開でした。 そしてSP15位から10人抜きでFS4位だった三原舞依選手、すごいです。このプレッシャーの中のノーミスでこの演技ができるなんて、大物ですね~。

フィギュアスケート世界選手権2017 女子SP メドヴェデワ首位

最初に言っておきたい!「フィギュアスケート世界選手権2017」はフィギュアスケートの2017年の世界チャンピオンを決める大会で、オリンピックの枠を決めるための大会ではな~い! って、ちょっとおこりたくもなりますよね。枠は結果として決まっちゃう、ということです。 選手たちの演技を純粋に楽しみたいと思います。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.