チャレンジカップ2018 日本選手活躍中! 女子SP 樋口新葉1位 本郷理華2位!

予想通り、日本選手が大活躍をしています。

小さな大会なので、出場選手のレベルも様々ですが、日本からの出場選手はレベルが高いです。

スポンサーリンク

チャレンジカップ2018 ノービス/ジュニア

日本選手が出ていて試合が終わっているカテゴリーの結果です。もちろん出場選手はもっといるのですが、上位選手だけ。

アドバンスノービス女子

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Hanna YOSHIDA JPN 134.77 2 1
2 Alysa LIU USA 129.78 1 2
3 Kinayu YOKOI JPN 108.18 3 4
4 Rika TEJIMA JPN 106.54 5 3
5 Leonie SCHWENZNER GER 89.84 4 5

アドバンスノービス男子

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Taichiro YAMAKUMA JPN 187.05 1 1
2 Yuto KISHINA JPN 169.35 2 2
3 Kai JAGODA GER 165.65 4 3

ジュニア女子

スポンサーリンク
順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Nana ARAKI JPN 174.91 1 1
2 Yuhana YOKOI JPN 169.71 4 2
3 Stefanie PRESENDORFER AUT 159.12 3 3
4 Gabriella IZZO USA 153.62 2 4
5 Akari NAKAHARA USA 143.00 6 5

チャレンジカップ2018 シニア女子SP

名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Wakaba HIGUCHI JPN 69.25 38.35 30.90
2 Rika HONGO JPN 62.07 34.22 28.85
3 Nathalie WEINZIERL GER 57.71 31.71 26.00
:
11 Marin HONDA JPN 48.21 21.21 27.00

樋口新葉選手がSP1位です。パーフェクト、ジャンプも軽々決めました。メリハリもパワーもある、キレキレ演技でした。衣装が新しくなりました。樋口選手は世界選手権に向けて日々練習していることと思います(プレッシャーを与えるつもりはないけれど、来年の3枠もかかった大事な試合です)。フリーもこの調子で、世界選手権に向けてどんどん調子を上げて行って欲しいと思います。

本郷選手はコンビネーションで転倒してしまいました。ルッツは!が付いてしまいました。でもそれ以外はレベルも取れていて、良かったです。

本郷選手も本田選手も、全力で臨んだ全日本選手権が終わって、それ以降のモチベーションを保つのが大変だったりしたのではないかと思います。このチャレンジカップはISUの試合ですが、客席は日本では考えられないくらいガラガラで、そんなことも演技をするのに影響するかもしれないなと思います。

本田真凜選手は、もしかしてケガしてるか体調を崩しているのかなと心配しています。冒頭のルッツはタイミングが合わず、跳び上がることさえできませんでした。リカバリーをしようとしたコンビネーションも2F+2Tになってしまい・・・まともなジャンプは2Aだけ。それでもステップスピンで全部レベルを取っています。さすが。メディアの質問にも答えられる状態ではなかったようで、心配です。どうかフリーで挽回できますように。いつもの滑りができれば、ごぼう抜きは間違いないので。頑張って!

チャレンジカップ2018 結果サイト、ライブストリーム

結果サイト

こちらのページの下の方に「LIVE」という項目があって、そこのLivestream Challenge Cup / NK Kunstrijdenのリンクが最新です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.