グランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ 女子SP 本田真凜10位発進

GPS2017の第2戦目、スケートカナダの女子SPで、地元ケイトリン・オズモンド選手が1位となりました。

日本から出場の本郷理華選手は6位、本田真凜選手は10位でした。

スポンサードリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ 女子SP 本郷理華6位!

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Kaetlyn OSMOND CAN 76.06 40.12 35.94
2 Anna POGORILAYA RUS 69.05 35.98 33.07
3 Maria SOTSKOVA RUS 66.10 34.39 31.71
4 Courtney HICKS USA 64.06 35.38 28.68
5 Karen CHEN USA 61.77 31.34 30.43
6 Rika HONGO JPN 61.60 32.27 29.33
7 Ashley WAGNER USA 61.57 28.10 33.47
8 Laurine LECAVELIER FRA 59.08 31.49 27.59
9 Kailani CRAINE AUS 54.96 28.17 26.79
10 Marin HONDA JPN 52.60 24.77 28.83
11 Alaine CHARTRAND CAN 46.51 21.34 26.17
12 Larkyn AUSTMAN CAN 41.79 18.36 24.43

アメリカのコートニー・ヒックス選手が、ノーミスで高得点を出しました。ここまで滑れる選手だったっけ、、、表彰台候補に入れていなかったけど、わからなくなりました。

スポンサードリンク

カナダのシャトラン選手が、ことごとくジャンプをミスって、50点に届かなかった。泣きそう・・・

本田真凜選手、新しい衣装が大人っぽい。コンビネーション3Lz-3Tで転倒。ひとつめのジャンプから軸が傾いていたかも。アクセルがシングルに・・・(ノーカウント)う~ん、これでは点数が出ないのは仕方ない。3Loは美しかったけれど、スピンやステップでもレベルが取れていません・・・SP10位。新しいSPはかなり難しいプログラムですね。まだ滑り込めていない感じがします(変えたばかりですもんね)。でも完成すれば、すごく素敵になりそうです。FS頑張って!

本郷理華選手、良かったです!片手上げのアクセルが決まってからの、あふれるエネルギー。良く動いていたし、ゴージャス!61.60か、もう少し出ると思ったけど。もしかしてどこか回転不足取られてるかな(プロトコルを見たらコンビネーションのふたつ目の3Tで取られていました)。SP6位。

カレン・チェン選手。最初のジャンプ3Lzでステップアウト(高かったんだけどな)。3Loに2Tを付けてリカバリー。今日もプログラムへの入り込み方というか、私を見てオーラというか、良かったです。スピンがきれいだったな。SP5位。

アシュリー・ワグナー選手。黒い衣装に、黄色い(?)ポニーテールが映えて、派手な衣装に思える。エキシビションみたいなプログラムだけど、ジャンプが微妙かも(やはりふたつ回転不足が付いています)。SP7位で、FSは最終Gではなくなってしまいました・・・

マリア・ソツコワ選手。さすがの演技、なんだけど、平凡というか。特徴がないというか・・・もしかすると今のソツコワ選手には子供っぽいのかも。SP3位。

豪華衣装で登場は、アンナ・ポゴリラヤ選手。身体が少し大きくなった?(もともと小さくはないけれど)。衣装が重そうだからかも。パワフルで良かったです。SP2位でした。

ケイトリン・オズモンド選手。SPは持ち越しなのでちょっと残念だけど、似合ってます。いつもながら華があるなあ。現時点で、メドヴェデワ選手に対抗できるのは、このオズモンド選手だけかなと思っています。素晴らしい演技でした。76.06!TESもPCSも1位で、堂々のSP1位です。

というわけで、オズモンド選手がぶっちぎりのSP1位です。大崩れしなければ、このまま自国大会で国歌を聞くことができそうです。

5位から7位はほとんど点差がないし、現採点法だとかなりの点差でもFSでひっくり返すことができるので、ちょっとわかりません。FSもドキドキです。

ISU GP Skate Canada International 2017

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.