サフチェンコのケガは靭帯損傷/村上大介のケガはリスフラン関節の不全骨折

ケガのニュースが続きます。。。
選手の皆さん、くれぐれも気を付けてね。

サフチェンコ選手のケガ

先日のGPSフランス杯のスロートリプルアクセルで右くるぶしをケガした、ドイツペアのサフチェンコ選手ですが、靭帯の損傷だったそうです。完全に断絶しているか、部分的なのかは、まだわかっていない(この記事が書かれた段階では)ということで、MRI検査ではっきりするだろうとのこと。

この記事では、マッソー選手の投げ方が悪かったように書いてありますが、本当にそうだったのかな・・・

次の試合はマルセイユで開かれるグランプリファイナルですが、どうなるでしょう。無理はして欲しくありません。ケガの程度次第ですが、あまりひどくなくても完全に治して、世界選手権には万全の状態で出場してほしいです。

やっとマッソー選手とのペアで試合に出られるようになったサフチェンコ選手です。もう32歳です。ケガの程度がひどくなく、このまま平穏にオリンピックへの道を進めますように・・・

Savchenko verletzt sich am Innenband(ドイツ語)

********

スポンサードリンク

村上大介選手のケガ

村上選手自身が、オフィシャルブログでケガのことを書いています。

「第二中足骨のリスフラン関節の不全骨折」だそうです。治療にどれくらいの期間が必要なのかは書いてありません。

リスフラン関節といえば、羽生選手のケガもそうでしたが、「損傷」ということでした。「不全骨折」とどちらが重いのか、素人の私にはよくわかりませんが、とにかく早く治りますように!!!

村上大介BLOG

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.