フィギュアスケート世界選手権2018 女子SP 宮原知子3位発進!

五輪の年には世界選手権はいらないんじゃ、なんていう声もありますが、世界選手権はまた別物。五輪よりも出場選手の数も多いし。五輪に出場した選手は、ちょっと調整が大変だったりするかもしれませんが。

1日目は女子のショートプログラムが行われました。宮原知子選手が3位発進です!

スポンサードリンク

世界選手権2018 女子SP カロリーナ・コストナー首位!

結果を何位まで書こうか迷ったのですが(たいてい途中で切ってしまうので)、今回はフリーに進めない選手の中にもこれからが楽しみな選手がいたりするので、全員載せちゃいます。ちょっと長いですが。

名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Carolina KOSTNER ITA 80.27 41.30 38.97
2 Alina ZAGITOVA RUS 79.51 42.51 37.00
3 Satoko MIYAHARA JPN 74.36 37.79 36.57
4 Kaetlyn OSMOND CAN 72.73 36.53 36.20
5 Maria SOTSKOVA RUS 71.80 37.88 33.92
6 Gabrielle DALEMAN CAN 71.61 37.35 34.26
7 Bradie TENNELL USA 68.76 37.53 31.23
8 Wakaba HIGUCHI JPN 65.89 34.69 32.20
9 Mirai NAGASU USA 65.21 32.76 32.45
10 Loena HENDRICKX BEL 64.07 35.41 28.66
11 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 62.38 32.24 30.14
12 Nicole SCHOTT GER 61.84 33.41 28.43
13 Viveca LINDFORS FIN 60.18 34.61 25.57
14 Hanul KIM KOR 60.14 35.62 24.52
15 Laurine LECAVELIER FRA 59.79 31.52 28.27
16 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 59.19 29.19 31.00
17 Mariah BELL USA 59.15 28.61 30.54
18 Eliska BREZINOVA CZE 58.37 32.55 25.82
19 Alexia PAGANINI SUI 57.86 31.35 26.51
20 Kailani CRAINE AUS 56.90 30.41 26.49
21 Dabin CHOI KOR 55.30 26.97 28.33
22 Dasa GRM SLO 52.43 28.65 23.78
23 Elisabetta LECCARDI ITA 51.13 28.53 22.60
24 Ivett TOTH HUN 50.63 23.71 26.92
25 Larkyn AUSTMAN CAN 50.17 25.81 25.36
26 Xiangning LI CHN 50.06 27.12 23.94
27 Nicole RAJICOVA SVK 49.87 24.87 27.00
28 Amy LIN TPE 49.31 25.64 23.67
29 Anita ÖSTLUND SWE 48.99 26.34 24.65
30 Alisa STOMAKHINA AUT 48.71 26.26 22.45
31 Elzbieta KROPA LTU 46.53 24.90 22.63
32 Natasha MCKAY GBR 45.89 22.92 22.97
33 Anne Line GJERSEM NOR 45.25 23.03 22.22
34 Gerli LIINAMÄE EST 45.14 22.69 22.45
35 Isadora WILLIAMS BRA 42.16 18.35 23.81
36 Antonina DUBININA SRB 41.40 20.80 20.60
37 Angelina KUCHVALSKA LAT 35.78 16.24 20.54

1位になったのは、地元イタリアのカロリーナ・コストナー選手でした。すばらし~!!!これぞフィギュアスケートの美しさ、こうでなくちゃ、という滑りでした。若い子にはできない演技だなあ。PCSのジャッジ採点に10点満点がたくさん!アイスダンスみたい。フリーはわからないけれど、地元イタリアのもしかしたら最後になるかもしれない世界選手権で、少なくともSPのスモール金メダルが取れたのは嬉しい!

スポンサードリンク

2位は絶対優勝間違いなしと言われている、ザギトワ選手でした。すごいプレッシャーなんだろうなあと思います。3Lz+3Loが若干乱れたけれど、あっぱれな演技でした。

3位に我らが宮原知子選手。3Lz+3Tの3Tで回転不足を取られてしまいました。今日の審判は全体的に厳しかったかなと思います。美しい演技でした。何よりうれしいのは、PCSが高い!全部9点台!おめでとう!この衣装は本当にきれい、このプログラムは本当にステキ!

4位になったのはカナダのケイトリン・オズモンド選手。冒頭の3F+3Tは大きくて豪快だったのですが、その後の3Lzで!が付き、2Aはお手つき。それでもこの点数が出るのですごいですが、いつもの勢いはなかったかもしれません。

5位はマリア・ソツコワ選手でした。ジャンプがどれも何となく重くて、もしかして回転不足が付くのではと思ったのですがOKでした。

6位にガブリエル・デールマン選手。今季はちょっと調子がイマイチということが多いですが、今日はうまくまとまったかな。冒頭の3T+3TにGOE2.10が付いてます。それにしても70点越えても6位ですか。。。

7位にアメリカのテネル選手。端正な滑り、味が出てくるのはこれからかな。アメリカ選手ではSPでこの7位が一番上。来季の枠がかかるから大変。

8位に樋口新葉選手。あ~、コンビネーションで転倒・・・ドイツユーロスポーツのコメンテーターは樋口選手が大好きみたい(宮原選手はお気に召さないみたいだけれど)。フリーのワカバボンドでズギューンと上にジャンプしてほしいです。

9位に長洲未来選手。3Aは回避。3F+3Tの3Tがダウングレード、厳しいなあ。でも良い笑顔でした。フリーも頑張れ!

10位になったのは、何と(と言ってしまう位驚いた)ロエナ・ヘンドリックス選手です。コンビネーションは!が付いちゃったけれど3Lz+3Tだし、スピンステップ全部レベルを取っています。ヨリク(この大会は欠場)の妹さん。これから楽しみなヨーロッパ選手です。

11位にエリザベート・トゥルシンバエワ選手。良かったです!3Fで回転不足を取られちゃいました。まだ18歳なのね。何だかもう長いこと見ているから、そろそろ20歳くらいにはなるのかと思っていました。このところ少し苦労していましたが、落ち着いて来たみたいですね。

ロシアからメドヴェデワ選手の代わりに出場になったのは、コンスタンティノワ選手、16位でした。ジュニアと掛け持ちで大変。何と3Lz<+3T<、3F<です。う~、きびしい。

フリーに進めるのは、24位のトート選手まで。ラジコワ(ライチョワが正しい発音)選手が、フリー進出を逃してしまいました。。。

全体的にレベルが上がっていて、選手のみなさんは大変!ミスをするとみるみる順位が下がってしまいます。

ISU World Figure Skating Championships 2018 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.