平昌五輪2018 フィギュアスケート 女子SP ザギトワ1位、メドヴェ2位、宮原4位!

ものすごいレベルの高い争いとなりました。女子は強いですね~(精神的にも)。

上位陣はノーミスの演技が続きました。中でも私が一番美しい演技だと思ったのは、宮原知子選手の「SAYURI」でした。

スポンサーリンク

平昌五輪2018 フィギュアスケート 女子SP 宮原知子4位、坂本花織5位!

名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 ZAGITOVA Alina OAR 82.92 45.30 37.62
2 MEDVEDEVA Evgenia OAR 81.61 43.19 38.42
3 OSMOND Kaetlyn CAN 78.87 41.83 37.04
4 MIYAHARA Satoko JPN 75.94 40.25 35.69
5 SAKAMOTO Kaori JPN 73.18 40.36 32.82
6 KOSTNER Carolina ITA 73.15 35.06 38.09
7 DALEMAN Gabrielle CAN 68.90 35.90 33.00
8 CHOI Dabin KOR 67.77 37.54 30.23
9 NAGASU Mirai USA 66.93 37.24 30.69
10 CHEN Karen USA 65.90 33.53 32.37
11 TENNELL Bradie USA 64.01 35.50 29.51
12 SOTSKOVA Maria OAR 63.86 31.47 33.39
13 RAJICOVA Nicole SVK 60.59 32.36 28.23
14 SCHOTT Nicole GER 59.20 31.62 27.58
15 TURSYNBAEVA Elizabet KAZ 57.95 28.27 29.68
16 CRAINE Kailani AUS 56.77 30.36 26.41
17 WILLIAMS Isadora BRA 55.74 29.83 25.91
18 PELTONEN Emmi FIN 55.28 28.48 27.80
19 PAGANINI Alexia SUI 55.26 29.99 25.27
20 HENDRICKX Loena BEL 55.16 27.79 27.37
21 KIM Hanul KOR 54.33 29.41 24.92
22 MEITE Mae Berenice FRA 53.67 28.24 25.43
23 TOTH Ivett HUN 53.22 27.60 25.62
24 LI Xiangning CHN 52.46 27.27 26.19
25 AUSTMAN Larkyn CAN 51.42 25.93 26.49
26 NIKITINA Diana LAT 51.12 26.35 24.77
27 RUSSO Giada ITA 50.88 25.90 25.98
28 OESTLUND Anita SWE 49.14 25.35 23.79
29 KHNYCHENKOVA Anna UKR 47.59 26.66 22.93
30 MAMBEKOVA Aiza KAZ 44.40 21.29 23.11

いやはや強い!ロシアのザギトワ選手とメドヴェデワ選手。このプレッシャーのかかるオリンピックの場で、この演技です。特にジャンプを全部後半に持ってきているザギトワ選手は、失敗できない鬼構成です。3Aや4回転を跳ばないなら、最強の構成になるのではないかと思います。何しろコンビネーションが3Lz+3Loで、単独ジャンプが3F。ただやっぱり足元のカシャカシャがちょっと気になるなあ。後半が忙しいから余計そう感じるのかもしれません。それにしてもこれは・・・いやはやすごいとしか言いようがないです。

スポンサーリンク

メドヴェデワ選手が2位、五輪まで敵なしだと思っていたのに。今日はちょっと慎重だった?五輪だもん、緊張するよね。もちろんノーミス、全部レベル4。基礎点がザギトワ選手の方がそもそも高いから、ふたりともパーフェクトだった時にはこうなるということか。もちろんPCSはメドヴェデワ選手が上。個人的にはなぜかドラマチックに仕立てられている編曲に違和感がちょっとあるかも。

3位にオズモンド選手。今日もゴージャス。迫力のジャンプ。ルッツなんて前のめりに上がったかなと思ったのに、バーンと気持ち良く着氷するという、すごいです。「私を見てオーラ」がキラキラ。

4位に我らが宮原知子選手。コンビネーションの回転、厳格に取ってやるぞの雰囲気を感じたのは気のせい?それにしてもなんて美しい演技だったんでしょう。奥ゆかしいながらも芯の強さを秘めた流れの美しいパフォーマンス。ジャンプに加点があまり付かないのは仕方ないとして、他の要素にはもっと加点が付いても良いし、PCSももっと高くて良いと思います(素人目の個人的意見です)。

5位に坂本花織選手。彼女の場合には、団体戦に出たことが良い方向に繋がったみたいですね。ただ団体戦よりは良かったけれど、それでも慎重に見えました。ジャンプももっとポーンと勢いよく跳ぼうよ。でも初オリンピックで、これはえらいです。

6位にコストナー選手。相変わらずのPCSの高さです。ジャンプは少し乱れて、コンビネーションも3-3にできませんでしたが、それでもこの点数。演技として素晴らしいし、堪能もしたのですが。

チェ・ダビン選手が、可憐でよかったです。自国開催の五輪ですごいプレッシャーだったと思うのに、にこやかなやわらかい演技でした。

長洲未来選手、冒頭の3Aで転倒。回りすぎちゃったみたいです。認定はされているので基礎点は高いのですが。。。フリーでは3Aを成功させてね。

ソツコワ選手は冒頭の3Lzを失敗して、それを引きずってしまった感じです。コンビネーションのリカバリーも頑張ったのだけれど、スピンなどのレベルも取りこぼしてしまいました。

優勝はこのままザギトワ選手が突っ走ってしまうのか、メドヴェデワ選手が女王の意地を見せるのか。いずれにしても1,2位はこのふたりになるのが濃厚かなと思います。3位争いは、6位のコストナー選手まで可能性があるかな。

フリーも手に汗握る、見ている方も緊張する試合になりそうですね。楽しみだけど、こわい・・・

Olympic Winter Games Figure skating results

********

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.