フィギュアスケート世界選手権2018 男子SP 宇野昌磨5位発進!

世界選手権2018の2日目、男子SPが行われました。

出場さえ危ぶまれた宇野昌磨選手ですが、気迫の演技で5位に付けました。

スポンサードリンク

世界選手権2018 男子SP ネイサン・チェン首位!

全選手の結果です。フリーに進めるのは24人、日本選手は3人ともフリーに進みます!

名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Nathan CHEN USA 101.94 57.51 44.43
2 Mikhail KOLYADA RUS 100.08 54.86 45.22
3 Vincent ZHOU USA 96.78 57.78 39.00
4 Boyang JIN CHN 95.85 53.03 42.82
5 Shoma UNO JPN 94.26 47.90 46.36
6 Keegan MESSING CAN 93.00 51.35 41.65
7 Alexei BYCHENKO ISR 90.99 48.39 42.60
8 Misha GE UZB 86.01 43.51 42.50
9 Deniss VASILJEVS LAT 84.25 43.10 41.15
10 Alexander MAJOROV SWE 82.71 46.07 36.64
11 Kazuki TOMONO JPN 82.61 46.07 36.54
12 Paul FENTZ GER 82.49 45.66 36.83
13 Dmitri ALIEV RUS 82.15 39.61 42.54
14 Keiji TANAKA JPN 80.17 40.16 40.01
15 Max AARON USA 79.78 40.99 38.79
16 Romain PONSART FRA 79.55 44.62 34.93
17 Michal BREZINA CZE 78.01 39.23 39.78
18 Matteo RIZZO ITA 77.43 40.47 36.96
19 Brendan KERRY AUS 74.99 40.85 34.14
20 Daniel SAMOHIN ISR 72.78 39.45 36.33
21 Julian Zhi Jie YEE MAS 72.43 39.39 33.04
22 Phillip HARRIS GBR 68.59 35.74 32.85
23 Slavik HAYRAPETYAN ARM 68.18 37.14 31.04
24 Donovan CARRILLO MEX 68.13 35.63 32.50
25 Nam NGUYEN CAN 67.79 34.15 35.64
26 Morisi KVITELASHVILI GEO 67.01 34.54 34.47
27 Stephane WALKER SUI 65.79 32.33 34.46
28 Burak DEMIRBOGA TUR 65.43 36.54 28.89
29 Ivan PAVLOV UKR 64.18 34.85 30.33
30 Chih-I TSAO TPE 64.06 34.03 31.03
31 Larry LOUPOLOVER AZE 61.82 32.22 29.60
32 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 61.19 30.19 31.00
33 Jinseo KIM KOR 60.72 30.28 30.44
34 Nicholas VRDOLJAK CRO 59.74 31.71 28.03
35 Valtter VIRTANEN FIN 55.49 26.32 30.17
36 Igor REZNICHENKO POL 51.70 22.88 28.82
37 Javier RAYA ESP 50.00 22.64 29.36

1位になったのは、アメリカのネイサン・チェン選手でした。4Lzを含む4回転を2本入れた構成で攻めてましたが、本調子でないのは一目瞭然というか・・・プラス評価ジャンプは3Aだけ。4Fのマイナス評価は、ステップからのジャンプと認められなかったのかも。プログラム全体的にも、エレメンツをこなすために頑張ってる感じがしました。

スポンサードリンク

2位になったのはコリャダ選手。久々に見た会心のSPでした。4回転1本でも100点越えるのね。

3位になったのは、ビンセント・ジョウ選手。技術点では1位。4Lzも成功してほぼパーフェクト。フリーは4回転何本跳ぶんだろう・・・

4位はボーヤン・ジン選手。4Lz+3Tはきれいにきまったけれど、次の4Tが壁に近づきすぎたせいか回転不足になってしまいました。3Aはきれいに降りたけれど、GOE、PCSとも抑えられてしまいました。

宇野昌磨選手は5位でした。PCSでは1位。最初の4Tと後半の3Aは加点のつく出来。コンビネーションは3Sにしましたが、すぐにふたつ目が付けられず、ターンを入れて2Tを付けました。冷静な判断が素晴らしいと、SNSでは称賛の嵐です。今の状態でミスもあってこの点数、順位は素晴らしいと思います。フリーは少し難度を上げるとか。自分でしっかり考えることのできる選手だと思うので、最良の選択をすると思います。ファンはひたすら応援するのみ。

メッシング選手の6位は驚き!もう26歳、遅咲きということか。パーフェクト、すばらしい演技でした。

7位のビチェンコ選手、いつでも明るく元気な30歳。こちらまで元気になる。パーフェクト!このプログラムはとってもユニーク。

8位にミーシャ・ジー選手。もしかしてこの大会で最後?なんて静かな、繊細なプログラム!動きのひとつひとつに意味があるようで、食い入るように見つめてしまう。4回転を跳ばなくても、こんな点を出せるんですよね。

9位にヴァシリエフス選手。あ~、美しい動き!こちらも4回転なしで、この点数です。

10位にマヨㇿフ選手。もしかしてこの大会が最後かも。スウェーデンのスケート連盟の判断で五輪に行けなかった(怒!)のが、とても残念。こんな素晴らしい演技をする選手なのに。

11位に友野一希選手が入りました。すご~い!演技を見ていて涙目になってしまいました。滑り終えて泣いている姿を見て、それがこちらに伝わってきたんだなと思いました。4Sも終盤の3Aもバッチリ決めました!

13位になったアリエフ選手、正統派のロシア選手という感じ。どのエレメンツも正確で美しい。4Tのつもりが3Tになってしまって、コンビネーションのふたつ目の3Tとダブってしまい、ノーカウントに。その上4Lzで回転不足を取られてしまいました。フリーで頑張ってほしいです。

田中刑事選手は14位でした。素晴らしい演技だったのですが、最後のジャンプ3Aのはずが2回転になってしまいました。もったいない~。フリーは順位とか考えないで、思い切り自分が満足できる演技ができればと思います。

何と、カナダのナム・グエン選手がフリーに行けない・・・背が伸びすぎちゃったのかも、と思う。。。ジョージアのクヴィテラシュヴィリ選手も・・・

ふたりともジャンプをことごとく失敗。実力のある選手たちなので、本当に残念。まだ若いので、これからだよ!来季に期待しています

ISU World Figure Skating Championships 2018 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.