フィギュアスケート全米選手権2018 女子 テネル優勝!長洲未来2位!

女子は完成度の高い戦いになりました。

ブレディー・テネル選手が初優勝!長洲未来選手が涙の2位!かんど~!

五輪選出は表彰台通りですが・・・オリンピックイヤーは、嬉しかったり悲しかったり。。。五輪に出場できる選手の数に枠がある限り、みんながハッピーという結果にはならないわけで・・・

スポンサーリンク

フィギュアスケート全米選手権 女子 カレン・チェン3位、アシュリー・ワグナー4位!

女子総合

順位 名前 SP順位 SP得点 FS順位 FS得点 総合得点
1 Bradie Tennell 1 73.79 1 145.72 219.51
2 Mirai Nagasu 2 73.09 2 140.75 213.84
3 Karen Chen 3 69.48 4 129.11 198.59
4 Ashley Wagner 5 65.94 3 130.25 196.19
5 Mariah Bell 6 65.18 6 127.16 192.34
6 Starr Andrews 8 62.55 5 127.36 189.91
7 Angela Wang 4 67.00 7 121.01 188.01
8 Amber Glenn 9 61.62 9 106.44 168.06
9 Courtney Hicks 11 57.81 8 107.67 165.48
10 Tessa Hong 13 55.82 11 101.04 156.86
11 Caroline Zhang 10 60.29 14 96.09 156.38

女子フリー上位4人

スポンサーリンク
順位 名前 FS得点 TES PCS
1 Bradie Tennell 145.72 76.01 69.71
2 Mirai Nagasu 140.75 73.33 67.42
3 Ashley Wagner 130.25 62.25 68.00
4 Karen Chen 129.11 59.53 69.58

優勝したのはブレディー・テネル選手、SPとFS両方ノーミスで揃えて完全優勝です。あっぱれ。素直なさわやかな滑りで、私は三原舞依選手を思い浮かべたのですが、フリーで使ったシンデレラは三原選手が先シーズン「シンデレラストーリー」と呼ばれた活躍の際に使った曲でもありますね。

2位に長洲未来選手。3Aは惜しかったけれど、それ以外はとっても良かった。完全復活です。すごいな~。スピンステップも全部レベルが取れています。ちょっとくやしいPCSです。涙のキス&クライ、もらい泣き~・・・本当に、よく頑張って続けてきてくれたなと思います。

3位にカレン・チェン選手。素晴らしいFSでした。今季はなかなか調整に苦しんで、プログラムも頻繁に変更して、大丈夫なのだろうかと心配しました。苦労した甲斐がありました。伸びやかなスケートも戻ってきて、PCSもたくさんもらっています。

惜しくも4位のアシュリー・ワグナー選手。フリーでは3位でした。やはりPCSがいつも程もらえていない感じで、本人もかなり不満な様子です。3連続コンビネーションジャンプの3つ目がシングルになってしまいました。これが予定通り3回転だったら結果は大きく違っていたのかもしれません。衣装は文句なく金メダル。美しい~!

アメリカの平昌五輪、世界選手権、4大陸派遣女子選手

平昌五輪
ブレディー・テネル
長洲未来
カレン・チェン

もしかしたらアシュリー・ワグナー選手が選ばれるかもと思ったのですが、今回はそうはなりませんでした。長洲選手の派遣が嬉しい!

世界選手権2018
平昌五輪と同じ

四大陸選手権2018
スター・アンドリュース
マライア・ベル
アシュリー・ワグナー

ワグナー選手には四大陸で大暴れしてもらいましょう!

ジュニア世界選手権2018
スター・アンドリュース
ティン・クイ

2018 U.S. Figure Skating Championships results

********

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.