フィンランディア杯2016 男子SP パトリック・チャン3位

今年のフィンランディア杯は、前半2日はペアと女子、後半2日がアイスダンスと男子に分かれています。

今日と明日の注目は、何と言っても「チェンとチャン」です(アメリカとカナダの選手なのに、顔も名前もアジアなんですよね)。と思っていたのですが、何と(と言うと失礼ですが)、ロシアのコフトゥン選手がショート1位になりました。

フリー次第で順位は入れ替わりそうですが、ショートの演技はミスが多かったので、フリーはみんな頑張って欲しいです。まあ、まだ今季初戦ですからね。

フィンランディア杯2016 男子SP コフトゥン1位、チェン2位、チャン3位

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Maxim KOVTUN RUS 88.26 49.67 38.59
2 Nathan CHEN USA 87.50 50.75 37.75
3 Patrick CHAN CAN 84.59 41.67 42.92
4 Mikhail KOLYADA RUS 80.20 42.89 38.31
5 Jorik HENDRICKX BEL 79.22 43.93 35.29
6 Alexei BYCHENKO ISR 74.17 40.46 33.71
13 Ryuju HINO JPN 55.91 27.33 30.58

コフトゥン選手がショート1位というのは、ちょっと意外でした。いつも期待している選手ですが、終わってみると「今回もうまく行かなかったね」ということが多いんですよね。ロシアの男子は有望な若い選手が育ってきているので、コフトゥン選手もうかうかしていられません。能力のある選手なので、この辺ですごい~というところを見せて欲しいです。今回のショートのジャンプ構成は、4S-3T、4T、3Aです。4Tが良くなかったけれど、攻めてますね~。いいぞ、いいぞ。ヒッチハイクの変わったショートプログラムです。そういえば先シーズンのプログラムも変わっていて、結局良くわからないままシーズンが終わってしまったんだっけ。

スポンサードリンク

2位がネイサン・チェン選手です。ジャンプ構成は4Lz-3T、4F、3Aです。見事なコンビネーションの基礎点は17.90、すごい~。4Fは転倒してしまいました(回転は認められています)。技術点だけなら、コフトゥン選手より上です。しばらく見ないうちに大人っぽくなりましたね。バレエ音楽は合わないんじゃないかと思ったのですが、意外にかっこ良かったです。上体を大きく使った振りがとても合っています。

3位にパトリック・チャン選手です。ジャンプ構成は4T、3A、3Lz-3T。4回転は1度だけですが、チャン選手が完璧に滑れば、たぶんGOEと演技構成点で4回転2回の選手に勝ててしまうのではないかと思います。今回はジャンプが良くなかったのですが、これは想像がついていました。練習拠点、コーチの交代などで、練習は十分にできていないと思います。これから調整して行って、どのようになるかとても楽しみです。このショートの曲、すごくチャン選手に合っていますね。

日本から出場の日野龍樹選手は、ジャンプがうまく行かず13位。。。フリー頑張って!それにしても大人になって精悍な顔つきになっていてびっくり。

この大会のライブストリームは、あまりうまく行っていないみたいで、毎日探すのが大変です。
フリーを見たい方は、まず今日のライブストリームはここだったので、試してみてください。

もし動かなかったら、フィンランディア杯のサイトに行って、そこに貼り付けてある動画で見られるかもしれません。
Finlandia Trophy Espoo 2016

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.