ネーベルホルン杯2017 平昌五輪残り枠を決める重要な大会 村元/リード組出場

フィギュアスケート・ネーベルホルン杯2017がいよいよ始まります。

日本は平昌五輪に、女子2枠、男子3枠を持っていますが(世界選手権2017の結果による)、ペアとアイスダンスはまだ出場枠が取れていません。この大会の結果次第となりますが、ペアもアイスダンスも枠が取れなかった場合には、日本の団体戦への出場も危うくなります。

この大会で決まる五輪出場枠は、男女シングルス各6、ペア4、アイスダンス5です。

世界選手権2017で枠を取れなかった国の選手が対象になるので、たとえば世界選手権の結果で1枠を持っている国の選手が上位に入ったとしても、枠が増えるわけではありません。また、枠は「国」として確保するものなので、この大会で枠を取ったとしても、その選手(組)が五輪出場となるとは限りません。

この大会はチャレンジャーシリーズのひとつで、五輪枠選考を兼ねているだけで普通の大会なのですが、枠を持っていない国からの出場が大部分を占めていて、日本からは男女ともシングルスには出場しません。

ネーベルホルン杯2017 日程

*開催場所:オーバースドルフ ドイツ

*スケジュール(右のカッコ内は日本時間)
2017年9月28日(木)
10:00~12:40 アイスダンスSD (17:00~ )
13:05~15:30 ペアSP (20:05~ )
17:30~21:30 男子SP

9月29日(金)
8:15~13:15 女子SP
13:45~16:40 ペアFS (20:45~ )
18:00~22:45 男子FS

9月30日(土)
9:00~12:05 アイスダンスFD (16:00~ )
12:25~18:10 女子FS
20:15~22:30 エキシビション

ライブストリームはこちら

ネーベルホルン杯2017 ペア

名前
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS
2 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT
3 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK BLR
4 Camille RUEST / Andrew WOLFE CAN
5 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE
6 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK
7 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT GER
8 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER
9 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR
10 Darja BEKLEMISCSEVA / Mark MAGYAR HUN
11 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR
12 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN
13 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM KOR
14 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS
15 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP
16 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA

中国、ロシア、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、アメリカはもう枠を持っているので、それ以外の国で4枠を争います。ペアは全体的にレベルが上がっているのに、出場できる組数が少ないので狭き門です。*フランスが2枠目を返上したということで、5枠に増えたという情報が入って来ました(未確認)。

チェコのAnna DUSKOVA/Martin BIDAR組は2016年ジュニア世界選手権チャンピオン、オーストラリアのEkaterina ALEXANDROVSKAYA/Harley WINDSOR組は2017年のチャンピオンです。北朝鮮のTae Ok RYOM/Ju Sik KIM組については、以前も書きましたがメキメキ力を付けてきています。

スポンサードリンク

日本から出場する須藤澄玲/フランシス・ブードロ―オデ組は、オデ選手が日本国籍ではないため五輪出場資格がありません。もし須藤/オデ組が五輪出場枠を取ったとしても、自分たちは五輪には出られないんですよね(切ない)。ただ日本で他に枠が取れそうなペアはいないわけで・・・何しろこのふたりが日本ペアの中で一番上手なことは確実なので。この複雑な状況の中、ふたりにはプレッシャーもあると思うのですが、自分たちのために滑ってほしいと思います。くれぐれも無理はしないようにね。

ネーベルホルン杯2017 アイスダンス

名前
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM
2 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN AUS
3 Anastasia GALYETA / Avidan BROWN AZE
4 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR
5 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER CAN
6 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE
7 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV EST
8 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN
9 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER
10 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR
11 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN
12 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN
13 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT
14 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU
15 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR
16 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK
17 Malin MALMBERG / Thomas NORDAHL SWE
18 Karina MANTA / Joseph JOHNSON USA

出場者の中ですでに五輪枠を持っている国はカナダだけです。残り出場枠は5ですが、世界選手権で1枠を確保したデンマークが、国籍問題で枠を放棄するような話が聞こえてきています(未確認)。もしそうなれば6枠に増えることになって、日本にとっては可能性も大きくなります。

村元哉中/クリス・リード組は、この大会で枠が取れれば自分たちが五輪に行く可能性が大きいと思います。今季中に他のアイスダンスチームが、このふたりを追い抜くとは考えにくいです。それだけにプレッシャーも大きいと思いますが、いつものように特別なことは考えずに滑ってほしいと思います。先日のUSインターナショナルクラシックでの演技ができれば、枠も取れる可能性が大きいのではと期待しています。頑張って!

CS Nebelhorn Trophy 2017 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.