フィギュアスケート世界選手権2017 男子SP フェルナンデス1位、宇野2位、チャン3位

フィギュアスケート世界選手権2017の男子SP、すごいことになりました。ハイレベルすぎて、もう何が何だか・・・

上位3人に羽生選手もネイサン・チェン選手もいないという、意外な展開になりました。

フィギュアスケート世界選手権2017 男子SP 羽生結弦5位発進

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Javier FERNANDEZ ESP 109.05 60.79 48.26
2 Shoma UNO JPN 104.86 59.16 45.70
3 Patrick CHAN CAN 102.13 54.11 48.02
4 Boyang JIN CHN 98.64 57.65 40.99
5 Yuzuru HANYU JPN 98.39 52.04 47.35
6 Nathan CHEN USA 97.33 55.22 43.11
7 Mikhail KOLYADA RUS 93.28 50.77 42.51
8 Jason BROWN USA 93.10 48.00 45.10
9 Denis TEN KAZ 90.18 47.59 42.59
10 Maxim KOVTUN RUS 89.38 48.45 41.93
11 Alexei BYCHENKO ISR 85.28 45.82 39.46
12 Kevin REYNOLDS CAN 84.44 48.48 35.96
13 Brendan KERRY AUS 83.11 47.61 35.50
14 Deniss VASILJEVS LAT 81.73 44.05 37.68
15 Michal BREZINA CZE 80.02 40.05 39.97
16 Misha GE UZB 79.91 40.76 39.15
17 Chafik BESSEGHIER FRA 78.82 42.42 36.40
18 Alexander MAJOROV SWE 77.23 41.99 35.24
19 Moris KVITELASHVILI GEO 76.34 42.56 33.78
20 Paul FENTZ GER 73.89 40.11 33.78
21 Jorik HENDRICKX BEL 73.68 36.72 37.96
22 Keiji TANAKA JPN 73.45 37.78 36.67
23 Julian Zhi Jie YEE MAS 69.74 39.20 30.54
24 Michael Christian MARTINEZ PHI 69.32 37.36 31.96

SP1位になったのは、2連覇中のハビエル・フェルナンデス選手。カンペキ、すごいです。ジャンプは4T-3T、4S、3A。3Aは加点が満点の3です。他のふたつも2.86も付いてます。スピン、ステップは全部レベル4だし。もちろん「魅せる」と言う意味でも、すばらしい演技でした。

スポンサードリンク

2位は宇野昌磨選手。こちらも素晴らしい演技でした。ジャンプは4F、4T-3T、3A。滑り始めはちょっと硬くなっているかなと心配したのですが。滑り終わった時に、100点は越えるな、と思いました。エレメンツも全部レベルを取れていて、PCSもたくさんもらえています。これが宇野選手の強いところですね。

3位はパトリック・チャン選手。おお、さすが。4T-3T、3A、3Lz。4回転こそ1回ですが、加点バリバリでこの点数に。

4位にボーヤン・ジン選手。ジャンプは4Lz-3T、3A、4T。基礎点が50点を越えてる!GOEとPCSがあまりもらえていないので、この位置です。今季一番のSPでしたね。それをこの大きな舞台で出来るのはすごいことです。スパイダーマン人形がかわいい。

5位に羽生選手。ジャンプは4Lo、4S(-2T)、3A。4Loの調子が悪そうだったので、降りた時には行けるかなと思ったのですが、4Sで膝をついてしまい2Tをつけたものの、コンビネーションと認められませんでした。3Aはさすがの出来。ディダクションは演技を始めるまでの時間超過らしいです。

6位にネイサン・チェン選手。滑り始めた時から、何だか調子が悪い感じがしました。バレエのポーズが、いつも程ビシッと決まっていなくて。ジャンプは4Lz-3T、4F、3A。こちらも基礎点は50点越えですが、3Aで転倒してしまいました。他のエレメンツもレベルを取りこぼしています。いつもの覇気が感じられない演技で残念。髪がいつにも増してクルクル。

8位にジェイソン・ブラウン選手。すてきでした~。3A、3F-3T、3Lz。4回転はないけれど、そんなの必要ないよ、この演技にこの点数を付けてくれてありがとう、と思ってしまいました。

この大会が最後になりそうなミーシャ・ジー選手が16位。これだけ氷上で感情を込めて滑れる選手はそうはいません。全身に神経が行き届いて美しい。そしてたぶんみんなに感謝を持って滑っているのだろうというのが、伝わる演技でした。

田中刑事選手は、4Sが回転不足で転倒。頑張ったけれど点数が伸びず。でもフリーに進めました、良かった。緊張のせいか今日はお色気がイマイチだったので、フリーは思いっきり行ってくださいね。

想定外のSPの順位ですが、上に来た選手の顔ぶれは予想通り。フリーで大きく変化するのか、フェルナンデス選手が3連覇を達成するのか。いずれにしてもハイレベルな戦いになります。楽しみだけれど、オソロシイ・・・

ISU World Figure Skating Championships 2017 男子SP結果

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.