フィギュアスケートカナダ選手権2017 ジュニア男子12歳ゴゴレフ優勝!

カナダ選手権が始まりました。ジュニアの男子が終了しましたが、12歳のステファン・ゴゴレフ選手が優勝しました。

優勝のステファン・ゴゴレフ選手はオーサーコーチの門下生

ジュニア男子の上位3人です。

1 Stephen Gogolev 210.06
2 Conrad Orzel 206.06
3 Samuel Turcotte 165.19

ステファン・ゴゴレフ選手については、最近の記事で触れています。男子の4回転についての記事です(こちら)。

3種類の4回転(サルコウ、トウループ、ルッツ)を跳べるそうですが、今回のFSでは4Sを跳んで、転倒してしまいました。3Aを2回入れていて、スピンは3つともレベル4です。

ちなみに2位になったオルゼル選手も、4Tを跳んで、3Aを2回入れています。ジュニアもどんどんレベルが高くなって行きますね。

スポンサードリンク

スケートカナダの記事 Eleven-year-old wows crowd at 2016 Canadian Tire National Skating Championships

リンク先には表彰式の写真が載っていますが、まだ子供っぽいし小さいです。思わず宇野昌磨選手が全日本ジュニアで3位になった時のことを、思い出してしまいました。金髪サラサラ、いかにもロシア人の風貌です(国籍がロシアのままなのか、カナダなのか確認できていません)。

ゴゴレフ選手については、記事によって11歳となっていたり12歳となっていたりしますが、誕生日は2004年12月22日ということで、ついこの間12歳になったばかりです。

まだまだ動きはジュニアっぽいですが、オーサーコーチのもとで練習しているだけあって、スケーティングはとてもスムーズ、スピンも速い。これからもっと体型がしっかりしてきたら、試合でも4回転をバンバン跳んでくるようになるかもしれません。

楽しみだし、おそろし~。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.