フィギュアスケートグランプリシリーズ2016第6戦NHK杯 ペア

やっぱりドゥハメル/ラドフォード組が優勝。

でも、それより、今回印象に残ったのは我らが須藤/オデ組の素晴らしい演技です!


グランプリシリーズ2016NHK杯 ペア

ペアフリー結果

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 131.61 64.59 67.02
2 Cheng PENG / Yang JIN CHN 123.54 61.30 64.24
3 Xuehan WANG / Lei WANG CHN 119.66 59.03 60.63
4 Tarah KAYNE / Danny O’SHEA USA 115.18 57.12 58.06
5 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 109.72 58.44 52.28
6 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT GER 109.47 53.13 57.34
7 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 109.20 56.61 52.59

須藤/オデ組、順位こそ最下位ですが、すてきでした~!プログラムは先シーズンから引き続き「シェルブールの雨傘」ですが、同じプログラムとは思えませんね。格段の進歩です。PBを大幅に更新しました。

とにかく演技を始めた時のスピードがすごい。もうそれだけでどれだけ練習してきたか。どれだけ進歩したか、わかります。SPではうまく行かなかった3回転ツイストの着氷も、とてもきれいでした。加点が付きましたね。SBSのジャンプが惜しかった。でももう本当にすごく素敵でした。爽やかなペアに合う透明感のある演技。スタオべ!涙目。。。

優勝はドゥハメル/ラドフォード組でした。優勝はしたけれど、ミスの目立つ演技でした。特に最後のリフトは、あらら。SBSのジャンプもバラバラでした。まあ、彼らはピークを世界選手権に据えていると思うので、今はこれくらいでしょうか(それでも優勝)。渋いピンクの衣装が素敵。須藤/オデ組と同じ練習拠点で、お世話になっているらしい。これからもよろしくです。

スポンサードリンク

2位のペン/ジン組、こちらもミスが多かったです。シェルブールの雨傘。プログラムがかぶってしまいましたね。ペン選手が前パートナーとの時よりかわいいのは、やっぱりお父さんよりBFと一緒の方が華やぐからかな、なんて思ったり。まだ組んだばかりだし若いし、これからグングン来そうなペアです。

マリ・ヴァートマン/ルベン・ブロメート組。SPは良かったのに残念。前半ミスが多くてハラハラしました。カップル競技はミスが増幅する感じがしますね。難しい。後半持ち直してくれてよかったです。

ペア総合結果

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 204.56 2 1
2 Cheng PENG / Yang JIN CHN 196.87 1 2
3 Xuehan WANG / Lei WANG CHN 185.32 3 3
4 Tarah KAYNE / Danny O’SHEA USA 172.20 5 4
5 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT GER 170.70 4 6
6 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 161.91 7 5
7 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 161.85 6 7

グランプリファイナル進出ペア

Duhamel/Radford
Savchenko/Massot
Yu/Zhang
Peng/Jin
Tarasova/Morozov
Seguin/Bilodeau

グランプリファイナルについてはこちらへ。
フィギュアスケート シニア/ジュニアグランプリファイナル2016 日程と出場選手

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.