フィギュアスケートグランプリ2016第1戦アメリカ大会 男子SP 宇野昌磨1位!

グランプリシリーズ、スケートアメリカの男子SPで、宇野昌磨選手が1位になりました!

グランプリシリーズ2016スケートアメリカ 男子SP

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Shoma UNO JPN 89.15 46.87 43.28
2 Adam RIPPON USA 87.32 44.42 42.90
3 Jason BROWN USA 85.75 43.32 43.43
4 Nam NGUYEN CAN 79.62 42.18 37.44
5 Sergei VORONOV RUS 78.68 42.08 37.60
6 Timothy DOLENSKY USA 77.59 39.98 37.61
7 Jorik HENDRICKX BEL 76.62 38.61 38.01
8 Boyang JIN CHN 72.93 37.89 37.04
9 Brendan KERRY AUS 71.62 37.81 34.81
10 Maxim KOVTUN RUS 67.43 30.44 36.99

男子ショート、1位は我らが宇野昌磨選手です。2度の4回転の得点がやはり大きいですが、PCSもブラウン選手に次いで2位、しかもほとんど差がありません。ジャンプはちょっと不調なのか、6分練習でも失敗していたので少し心配していました。完璧なジャンプではありませんでしたが、4回転は両方ともちゃんと認定されています。3AもGOEがマイナスになってしまいました。コンビネーションでの転倒は惜しかったです。ステップがレベル3でしたが、スピンは回転もポジションもとても良かったです(最後のスピンが特に)。グランプリ1戦目で、気負いがあったかもしれません。フリーは肩の力を抜いて、楽しく滑ってほしいです。

スポンサードリンク

2位はリッポン選手。4回転はありませんでしたが、完璧な演技でした。タノ3Lzの美しいこと!もう26歳なんですね。それにしても魅力的な滑りをするようになりました。もうかっこいいったら!熱烈なファンがつくのはわかるけれど、観客の嬌声がちょっと邪魔でした・・・

3位はブラウン選手。4Tに挑戦するも転倒。回転は足りていましたが、完成まではまだちょっとかかりそうな感じ。フリーでも挑戦するんでしょうか。リッポン選手のように4回転を回避して完璧な演技をするのか、ブラウン選手のように挑戦してみるのか、迷うところでしょうね。ブラウン選手は4回転を避けて3回転にしたら、もっと順位は上だったかもしれません。

4位はグエン選手。何だかすっかり大人っぽくなりましたね。4S+3Tをきれいに決めました。動きも洗練されてきた感じがします。今季は期待できるかも。

5位はヴォロノフ選手。冒頭の4Tで転倒しましたが、それ以降は手堅くまとめました。おお、なんかよい感じ。フリーもその調子で行ってください。

ボーヤン・ジン選手は8位でした。う~、ジャンプが決まらない。4Lzからの転倒、ものすごい高さと幅なので転び方もすごく派手で痛そうでした。それにしても4Lzの得点、13.6ですよ。失敗して転倒しても9.6だもん、すごいなあ。3Aも4Tも失敗、さすがに4回転を2回跳んでもこれだけ失敗してしまうと・・・もしかしてすごく背が伸びたとかでバランス崩しているのかも。。。

そしてコフトゥン選手。。。涙。。。最初の4S+3Tが決まったけれど、後のジャンプはノーカウント。切ない・・・

さて、これから女子FSです。ドキドキ・・・

*ライブストリームは下記で見られると思います。

eurosport2(ユーロスポーツ2)

kazsport(カザフスタンスポーツ)

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.