フィギュアスケート四大陸選手権2015 女子FS

四大陸選手権、女子も面白い試合になりました。

ただミスをした選手が多かったので、もし今季まだ出場する試合があるなら次は納得の演技ができると良いな、と思います。

女子FS結果
1 Polina EDMUNDS USA 122.99 63.83 59.16
2 Satoko MIYAHARA JPN 116.75 61.05 56.70
3 Rika HONGO JPN 116.16 59.89 56.27
4 Zijun LI CHN 115.64 58.44 57.20
5 Gracie GOLD USA 113.91 53.50 60.41
6 Gabrielle DALEMAN CAN 111.84 58.19 53.65
7 Samantha CESARIO USA 111.81 56.28 55.53
8 Yuka NAGAI JPN 111.15 59.38 51.77
9 So Youn PARK KOR 110.28 59.80 51.48
10 Alaine CHARTRAND CAN 102.72 52.27 50.45

女子総合結果
1 Polina EDMUNDS USA 184.02 4 1
2 Satoko MIYAHARA JPN 181.59 1 2
3 Rika HONGO JPN 177.44 3 3
4 Gracie GOLD USA 176.58 2 5
5 Zijun LI CHN 175.92 5 4
6 Yuka NAGAI JPN 168.09 7 8
7 Gabrielle DALEMAN CAN 167.09 8 6
8 Samantha CESARIO USA 166.76 9 7
9 So Youn PARK KOR 163.75 10 9
10 Alaine CHARTRAND CAN 161.22 6 10

エドモンズ選手が優勝するとは考えていませんでした。表彰台はあると思っていたけれど。悪くはないんだけれど、ちょっと物足りないかな。まあ、まだ若いからね。優勝は日本人でないならゴールド選手だと思っていたので、意外でした。

宮原選手。滑り出しからスピードに乗っていない感じで、緊張していたのかな。すべてが良く言えば丁寧だけれど、その分力強さが感じられず、メリハリの欠いた演技となってしまいました。そして珍しい転倒。でもさすが、2回の2A-3Tはしっかり降りました。 彼女はまだ16才、これから、これから。悔しいとは思うけれど、次を頑張れば良い。

一段一段、階段を上っている感じの本郷選手。表彰台おめでとう。嬉しい表彰台だと思うけれど、回転不足判定やレベルの取りこぼしが惜しい。もっとできるよ。次は世界選手権!

スポンサードリンク

ジジュン・リー選手。本来ならどこにコンビネーションを入れる予定だったんだろう。もしそれが3連続だったら、表彰台もあったかもしれません。3Lz以外はとてもきれいなプロトコールです。

ゴールド選手。やはりケガの影響でしょうか。ジャンプがことごとくうまく行かない。これは辛い。世界選手権までに何とかなると良いけれど。それとちょっとふっくらした?

永井選手。ジャンプの抜けがもったいなかったけれど、リカバリーも頑張って6位はりっぱです。最初のジャンプで失敗してしまうのは、後々ずっと影響が残るのでもったいないです。ちょっとプログラムにまとまりがなくなってしまったかも。魅力的な選手なので、ミスなし、プログラム通りで滑るところが見たいです。で、それを是非、ジュニア世界選手権でみせてください!

女子も楽しい四大陸でした。

付けたしのようで申し訳ないけれど、ペアをちょっと。

1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 219.48 1 1
2 Cheng PENG / Hao ZHANG CHN 201.45 2 3
3 Qing PANG / Jian TONG CHN 199.99 4 2
4 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 198.88 3 4
5 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM USA 187.98 5 5
6 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 173.50 6 6
7 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 167.57 9 7
8 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA USA 166.67 8 8
9 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 160.70 7 9
10 Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA JPN 132.84 10 10

やっぱりカナダのデュハメル/ラッドゥフォード組が強かったですね。2~4位が中国。パントン組が3位なのは、ちょっと残念。

高橋/木原組はスロージャンプもきれいに決めて、まずまずでした。でも、ね、サイドバイサイドのソロジャンプ、決めようよ。得点の高いエレメンツがそうそうすぐにできるようになるわけがないので、一歩一歩ですね。そろそろSPの50点、FSの100点越えを目指してほしいです。頑張って!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.