フィギュアスケート ケベック夏季競技会2017 ペアSP 須藤/オデ組5位発進

カナダのケベックで「LES CHAMPIONNATS QUÉBÉCOIS D’ÉTÉ – 2017」が行われています。最近はライブストリームがあるのが普通になりつつありますね。ありがたいことです。

スポンサードリンク

ケベック夏季競技会2017 ペアSP須藤/オデ組

ライブストリームで見ましたが、演技の後にエレメンツをスローモーションで見せてくれたり、キス&クライもちゃんと映して点数も表示されるという、何とも素晴らしい!

ペアSP

順位 名前 点数 技術点 演技構成点
1 M Duhamel/E Radford 73.93 37.98 36.00
2 Tae Ok Ryom/Ju Sik Kim 67.38 37.30 30.08
3 Kirsten Moore-Towers/Michael M 64.92 34.64 31.28
4 M Castelli/M Tran 57.76 30.48 27.28
5 Sumire Suto/Francis Boudreau-A 54.94 28.98 25.96

須藤澄玲/フランシス・ブードロ―オデ組のSPは持ち越しの「さくら」です。冒頭のツイストはちょっと低かったかな、回りながら着氷した感じでした。SBSの3Sは回転不足を取られてしまいました。3Sスローは投げ方が変わった?とてもきれいでした。途中須藤選手がちょっと体勢を崩しちゃったところがありました。リフトは入り方と降り方に工夫があって難しいそう。デススパイラルはポジションがとてもきれいでした。良い出来だったとは言えませんが、シーズン最初の試合ですからね、これから徐々に調子を上げて行けば良いですね。全体的に丁寧に滑っている感じなのは良いのですが、もう少し勢いとスピードが出てくると印象が良くなると思います。

スポンサードリンク

SP1位はドゥハメル/ラドフォード組。ラドフォードさんのケガはもうすっかり良いのでしょうか。今日のSPの演技は、何となくちぐはぐな感じ(ただこのちぐはぐな感じは先シーズンからなんですよね。何だろう・・・)。この曲で今シーズンは行くのでしょうか。う~ん。。。(まあ、好みの問題かもしれませんが)。これから滑り込んで行くと印象も変わってくるのかな。歌の部分が多い選曲は難しいと感じます。

驚いたのが2位になった北朝鮮のTae Ok RYOM/Ju Sik KIM組です。今年2月に札幌で行われた冬季アジア大会で3位になり、びっくりしたペアです。また一段とうまくなってる!フリーではどんな演技を見せてくれるんでしょう。楽しみです。オリンピックの残り枠のひとつは、まず間違いなく北朝鮮が取ることになりそうですね。

明日のフリーも楽しみです。須藤/オデ組、フリーは新しいプログラムのはずですね~。

LES CHAMPIONNATS QUÉBÉCOIS D’ÉTÉ – 2017 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.