ジェレミー・アボット現役引退を表明

ジェレミー・アボット選手は、ここ2年ほど競技から遠ざかっていたものの、去年9月までは競技復帰の可能性を残す発言をしていましたが、icenetworkで正式に競技からの引退を表明しました。

日本にも多くのファンがいるアボット選手(あ、もう選手ではないのか)、競技生活お疲れさまでした。そしてありがとうございました!

ジェレミー・アボットの輝かしい業績

ジェレミー・アボット選手は、全米選手権で4回優勝(2008/2009、2009/2010、2011/2012、2013/2014)、2008/2009グランプリファイナルで優勝、オリンピックにも2回出場しています。残念ながら、世界選手権のメダルはありません。

アボット選手の持ち味は、何と言っても滑らかな上品なスケーティングだと思います。佐藤有香コーチに付いてから、さらに磨きがかかったような気がします。

ただジャンプに波があって、もしかしたら精神的に弱い(プレッシャーなどに弱い)面もあるのかもしれません。でもそういうところが、あの繊細な滑りに表れているのだと思うので、難しいものだなあ・・・

スポンサードリンク

2014年のオリンピックシーズンで引退を考えていたようですが、12位に終わった五輪後の世界選手権で5位になったことで、あらたなモチベーションが芽生えて、競技続行を決断したんですね。

今回の引退の決断は、そう容易ではなかったようです。たくさんの人と話しをして、たくさんの涙と赤ワインを消費したと。

ジェレミー・アボットのこれから

たくさんのプランがあるし、まだまだプロとして滑り続けたいと(良かった!)

つい最近も、日本のアイスショーで素敵な滑りを見せてくれました。競技では見られなくなりますが、ショーではまだまだ楽しませてくれそうです。できるかぎり「YES」と返事をしていきたい、と何か新しいことにもチャレンジしそうなコメントをしています。

ファンとしては、まだまだ彼のスケートを見られることがまずは嬉しいですね。そしてこれからのアボット選手が、どんな道に進むのか(コーチ?振り付け?ショーなどのプロデュース?)とても楽しみです。

ジェレミー・アボットさんの、明るい未来を祈っています。

icenetwork Abbott announces retirement from competition

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.