フィギュアスケートグランプリファイナル2016 女子SP 宮原3位

すんごいです、女子。もうなんだか恐ろしいくらい。目立つミスは誰もしないという、レベルの高い戦いになりました。

ミスしない選手が勝つのは、それは当然なんだけれど、これだけみんながミスをしないなら、それでもどこかで差を付けなきゃいけないわけで。。。いったいどこがどうなって点数の差が出てくるんだろう、とプロトコルをじっと見ることになります。

みんな拮抗しているけれど、やっぱり強いメドヴェデワ選手なのである。

フィギュアスケートグランプリファイナル2016 女子SP

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Evgenia MEDVEDEVA RUS 79.21 42.55 36.66
2 Kaetlyn OSMOND CAN 75.54 40.62 34.92
3 Satoko MIYAHARA JPN 74.64 40.99 33.65
4 Anna POGORILAYA RUS 73.29 38.55 34.74
5 Elena RADIONOVA RUS 68.98 35.07 33.91
6 Maria SOTSKOVA RUS 65.74 33.31 32.43

SP1位は当然のようにメドヴェデワ選手です。全ジャンプを後半に入れていますが、基礎点の合計は宮原選手の方が少し上なんですね。宮原選手の方が基礎点の高いジャンプを入れているからですが、メドヴェデワ選手は加点をバリバリもらっているので、最終的に技術点が高くなります。その上演技構成点もすごく高い。まったくすきがない感じ。いやはや。。。どのエレメンツに対しても全ジャッジが2~3を付けています。は~。おにぎりクッションをかじる真似をするのがかわいいというか、あれがおにぎりだとわかるっていうのがすごい(普通の外人にはわからないでしょう。ジェイソン・ブラウン選手とかならもちろんわかります)。日本人ファンがどんどん増えますね。

スポンサードリンク

SP2位はカナダのケイトリン・オズモンド選手。冒頭にバーンと3F+3Tの豪快なコンビネーション。すごい勢いで見ていてスカッとするジャンプです。スピンもステップ全部レベル4。オズモンド選手の独特の雰囲気、女王様というのでもない、氷上の女優というのでもない、なんだろう、この堂々とした潔さというか、引き込まれてしまいますね。

3位に宮原選手。オズモンド選手とはあまり差がありません。スピンもステップもレベル4。今回はジャンプの回転不足を取られませんでしたが、正直コンビネーションのふたつ目の3Tで取られなかったのはラッキーでした。華やかさがどんどん増してきますね。でもまだまだ出せる。私を見て見てオーラもまだ足りない、と他の選手と比較すると思ってしまうのだけれど、でも宮原選手の個性というものもあるわけで。難しいですね。PCS、もっとください。

4位にロシアのポゴリラヤ選手。名前を呼ばれて位置に着く前に転びそうになって、身体をひねってしまいました。その影響か、ジャンプがいまひとつでした。堂々としていて、以前の「ミスっちゃうかも・・・」と心配していた選手とは別人のようです。スピンもステップもレベル4。

5位にロシアのラディオノワ選手。う~ん、なかなか安定しません。もう少し体を絞った方がと思うのは、衣装のせいかな。体重コントロールが大変そうだな。スピンもステップもレベル4。

6位はロシアのソツコワ選手。3Fと2Aで回転不足。でもそれより、一人だけジュニアが混じっちゃったという感じでした。スピンもステップもレベル4。。。って6人全員レベルが取れてるってことです。すごすぎ。

というわけで、フリーがこわい。。。ミスが絶対できない、とだれもが思っていることでしょう。わあ、緊張する。。。

ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2016

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.