グランプリシリーズ2015第一戦スケートアメリカ男子FS

グランプリシリーズ第一戦スケートアメリカ、男子の試合が終わりました。
惜しい!宇野選手、もうちょっとで優勝だったのに。
でもシニアGP初登場での2位はすごいです!

男子FS結果
1 Shoma UNO JPN 176.65 92.35 84.30
2 Max AARON USA 172.28 90.98 81.30
3 Jason BROWN USA 159.83 75.47 85.36
4 Adian PITKEEV RUS 150.85 74.85 76.00
5 Han YAN CHN 149.50 68.72 80.78
6 Konstantin MENSHOV RUS 144.64 72.14 73.50
7 Brendan KERRY AUS 138.07 70.85 67.22
8 Ross MINER USA 136.15 63.29 74.86
9 Takahito MURA JPN 129.17 56.61 72.56
10 Florent AMODIO FRA 125.49 53.79 73.70
11 Denis TEN KAZ 122.50 47.78 77.72
12 Alexei BYCHENKO ISR 121.15 58.43 64.72

宇野選手のFSは圧巻でしたね。スタンディングオベーション!後半の4T‐2Tもしっかり決まりました。

宇野選手のすごいところはジャンプだけではなく、スピンもスケーティングも表現力も優れているということです。GOEもたくさんもらえて、PCSも高い。技術点(TES)はもちろん1位、演技構成点(PCS)もブラウン選手に次いで2位です。衣装もステキ、似合っています。

2位にアーロン選手。実はFSで崩れると思っていました(すみません)。冒頭から4S‐2T、3A-2Tを決めて、後半に4Sを跳んでいます。今季はすごそう。ただ宇野選手やブラウン選手に比べると、演技が大味な感じです。練習着かと思うような真っ黒な衣装。ライサチェック選手を思い出しました。

スポンサードリンク

3位にブラウン選手。1位2位とは、かなりの差がついてしまいました。やっぱり今季も4回転では苦労しそうです。3Aもぎりぎり。演技力はあるんですが、それだけでは勝てないですからね。プログラムがいつにも増してちょっと女の子っぽいかも。

ハン・ヤン選手のFS、良いですね。4回転の調子が悪かったけれど、調子が上がってくればすごく素敵なプログラムになりそうです。こちらも真っ黒な衣装。

無良選手。これだけジャンプを失敗してしまうと辛いですね。まずジャンプありきの選手です。ジャンプが跳べないとPCSも出ない。う~ん、次は頑張ってほしいです。

デニス・テン選手。個性的ですごく素敵なプログラム!曲もすごく良いです。でもでも、、、技術点が 47.78
だなんて。。。さすがにこれだけミスが多いとPCSも抑えられてしまいます。ケガをしているらしいので、無理をしないで治してください。
このプログラムの完成形、是非見たいです。

男子総合結果
1 Max AARON USA 258.95 1 2
2 Shoma UNO JPN 257.43 4 1
3 Jason BROWN USA 238.47 8 3
4 Han YAN CHN 236.03 2 5
5 Konstantin MENSHOV RUS 230.79 3 6
6 Adian PITKEEV RUS 230.75 5 4
7 Ross MINER USA 215.11 7 8
8 Brendan KERRY AUS 203.48 11 7
9 Denis TEN KAZ 201.52 6 11
10 Takahito MURA JPN 200.83 10 9
11 Florent AMODIO FRA 197.45 9 10
12 Alexei BYCHENKO ISR 171.83 12 12

宇野選手が惜しくも2位です。それにしても、アーロン選手が優勝とは。。。(まだ言ってる)。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.