四大陸選手権2017ペアショート スイ/ハン組首位 須藤/オデ組10位発進!

いよいよ四大陸選手権が始まりました。

さっそくアイスダンスとペア、女子のショートプログラムが行われました。

ペアには日本から須藤/オデ組と須崎/木原組が出場。須藤/オデ組はPBを大幅に更新しました!

四大陸選手権2017 ペアショートプログラム

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 80.75 44.83 35.92
2 Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN 75.20 42.97 32.23
3 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 74.31 40.90 34.41
4 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 73.04 40.59 32.45
5 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 70.89 39.81 31.08
6 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 69.10 38.09 31.01
7 Cheng PENG / Yang JIN CHN 66.44 36.60 30.84
8 Haen DENNEY / Brandon FRAZIER USA 63.39 35.30 29.09
9 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 62.58 35.19 27.39
10 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 58.14 31.85 26.29
11 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 56.10 33.16 23.94
12 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 50.48 28.65 21.83

15組中10位に入った須藤澄玲/フランシス・ブードロ―オデ組は、見るたびに上手になっています。って毎回書いている気がしますが、本当なのだから仕方ありません。演技の印象が、以前と全然違います。今回の演技はノーミスではありませんでしたが、演技の流れ、つなぎの滑り、スピード、表現、ふたりの自信が、どんどん良い方に向かっている感じがします。スピンが珍しく揃わなくて、それがちょっと残念でした。フリーも期待します。

スポンサードリンク

12位に須崎/木原組が入りました。50点越え!スローが惜しかったです。ツイストがまだちょっと重そうなので、トリプルにするにはまだ少し時間がかかりそうでしょうか。SBSジャンプがバシッと決まって、気持ち良いです。

ショートでトップに立ったのは、復帰してきたスイ/ハン組です。いやいや、すごい演技でした。復帰早々、ここまで完璧に戻して来るとは思いませんでした。誰かがアイスダンスみたいと言っていたけれど、本当にそんな感じのプログラムです。ステップ踏みっぱなし、小技が山盛り、そこにレベルの高いペア技。かっこい~!スイ選手の髪型、かっこいいんだけれどやっぱり邪魔で気になってしまう・・・

2位は何と中国のユウ/ジャン組。組み換えはやっぱり成功ってことか(いまだにこだわっている・・・)。カンペキな演技でした。スイ/ハン組ほどではないけれど、加点もたくさんもらっています。でもこのカップルの色が出て来るには、まだもう少しかな。

3位にドゥハメル/ラドフォード組。SBSのジャンプでラドフォード選手が転倒、珍しいです。まあ、ルッツですからねえ。他のエレメンツはカンペキでした。全然緊張していないみたいに見えますね(そんなことはないのでしょうけれど)。安定感抜群です。

上位陣は点数にあまり差がないので、誰が表彰台に載るのか、順番がどうなるのか、最後までわかりません。フリーでは大技を入れてくる組もあると思うので、そのリスクもあります。

日本のふた組には、思い切り力を出し切ってPB更新を期待したいと思います。

ISU Four Continents Championships 2017 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.