ネイサン・チェン一覧

アルトゥニアンコーチに真凜選手など新顔選手 ネイサン・チェンやリッポンのこれから

オフシーズンに入って気になるのは、選手たちの動向です。パトリック・チャン選手などの引退発表があったり、まだ発表はないけれど引退するんじゃないかと心配な選手もいますね。コーチや拠点の変更などもニュースになっています。 そんな中で、本田真凜選手がアメリカのラファエル・アルトゥニアンコーチの元に渡ったのが報じられました。アルトゥニアンコーチは、今最も成功しているフィギュアスケートコーチのひとりですね。たくさんのトップ選手を抱えていますが(筆頭はネイサン・チェン選手)、他にも将来有望な若手選手が集まっているようです。

フィギュアスケート2017-18末のワールドランキング 羽生結弦/オズモンド1位!

ISUの2017-18シーズン終了時のワールドスタンディングとシーズンランキングです。 「ワールドスタンディング」は、2017-18シーズンと前季2016-17シーズンと前々季2015-16シーズン(70%)の合計ポイントでの順位です。「シーズンランキング」というのは、2017-18シーズンのみの順位です。

フィギュアスケート世界選手権2018 男子 宇野2位!友野5位!!!

最初に謝っておこう。男子は来年2枠なのは仕方ない、と思ってました・・・すみません。 宇野昌磨選手が2位、足の痛みがあるのに気迫の演技!そして友野一希選手が何と5位です!すご~い!!! 女子に続いて(いえ、それ以上に)波乱のフリーでした。最後まで、ハラハラドキドキでした。

平昌五輪2018 フィギュアスケート 男子SP 羽生結弦1位!宇野昌磨3位!

上位4人が100点越えという、ものすごい試合になりました。日本勢が1位、3位と最高の出だし。 それにしても羽生結弦選手の強いこと!本当にケガをして2ヶ月も滑れなかったの? オリンピックの魔物に取りつかれてしまったのか、ネイサン・チェン選手がボロボロ・・・デニス・テン選手がフリーに進めないという波乱・・・...

平昌五輪2018フィギュアスケート団体予選 男子SP 宇野昌磨1位/ペアSP 現在日本3位

平昌五輪フィギュアスケート団体予選前半が終わって、日本は3位に付けています。すご~い! それにしてもガラガラな会場、とてもオリンピックとは思えない。当然拍手や歓声も少なくて、ちょっとさみしい。アメリカのテレビのせいで、競技時間がやたら早いのが一因だと思うけれど、これは観る方もだけれどスケーターにとってもかわいそうすぎる。

グランプリファイナル2017 2日目 男子宇野昌磨銀、女子SP宮原3位、ジュニア男子須本銅!

グランプリファイナル2017の2日目。やっぱり女子は強いわ! 女子SPは、全員がスピンステップオール4という、おそろしい試合になりました。点差もあまりありません。 男子ではシニアで宇野昌磨選手が銀、ジュニアで須本光希選手が銅メダルを獲得しました。おめでとうございます!

グランプリファイナル2017 1日目 男子SP宇野昌磨2位、ジュニア男子SP須本3位!

シーズンの前半の締めくくり、グランプリファイナルが始まりました。ジュニアと同時開催で、一日にたくさん試合があるので、見る側も体力がいりますね~。 私も全部見ている時間はなく、主要選手と気になる選手を見ただけですが、第一日目の試合結果と感想です。

GPS2017最終戦スケートアメリカ 日程と出場選手と展望とライスト ファイナルの行方は?

いよいよGPSも最終戦です。何と言っても、混沌としている男子がどうなるのか、が興味深いところ。 そして日本選手を応援している身としては、女子の2選手の活躍を期待しつつ、ただひとりファイナルの可能性がある樋口選手がどうなるか、も気になります。

フィギュアスケート ジャパン・オープン2017 三原舞依会心の滑り!本田真凜PB更新!

日本は3連覇ならず、2位。。。だけど、まあ、そんなことはどうでも良いですねえ~。 初めてお披露目のプログラム、どんな演技を見せてくれるのか、どこまで仕上げてきているのか、ということが楽しみなんですよね、この大会。 まあでも一応地域別対抗ということなので、結果を貼っておきます。

USインターナショナルクラシック2017 女子本田真凜優勝!アイスダンス村元/リード組3位!

イタリアのロンバルディア杯と同時開催で、この週末は寝不足になったファンも多かったのではないかと思います。私自身は、ロンバルディアはライブで観ましたが、USインターナショナルクラシックは時差もあって、上位選手だけ動画で観ました。

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017の日程と出場選手と採点方法と予想

フィギュアスケート世界選手権が終わるとシーズンが終わった感じがするのですが、今季はまだこれが残っています。世界フィギュアスケート国別対抗戦2017です。 選手には負担になってしまいそうで心配ですが、ファンにとっては嬉しい大会です。団体戦ということで、普通の競技会とはまた違った楽しみ方ができますね。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.