アシュリー・ワグナー一覧

アルトゥニアンコーチに真凜選手など新顔選手 ネイサン・チェンやリッポンのこれから

オフシーズンに入って気になるのは、選手たちの動向です。パトリック・チャン選手などの引退発表があったり、まだ発表はないけれど引退するんじゃないかと心配な選手もいますね。コーチや拠点の変更などもニュースになっています。 そんな中で、本田真凜選手がアメリカのラファエル・アルトゥニアンコーチの元に渡ったのが報じられました。アルトゥニアンコーチは、今最も成功しているフィギュアスケートコーチのひとりですね。たくさんのトップ選手を抱えていますが(筆頭はネイサン・チェン選手)、他にも将来有望な若手選手が集まっているようです。

ワグナーとマイナーが四大陸選手権2018を辞退、サフチェンコ/マッソー組が欧州選手権2018を辞退

平昌オリンピックまで1ヶ月を切ったのに、まだカナダ選手権が現在進行中、来週末は欧州選手権、そして四大陸選手権と、大きな大会が続きます。 そして大会への出場が決まったと思ったら辞退表明、なんていうこともあって複雑な気持ちになったりするこの頃です。

フィギュアスケート全米選手権2018 女子 テネル優勝!長洲未来2位!

女子は完成度の高い戦いになりました。 ブレディー・テネル選手が初優勝!長い未来選手が涙の2位!かんど~! 五輪選出は表彰台通りですが・・・オリンピックイヤーは、嬉しかったり悲しかったり。。。五輪に出場できる選手の数に枠がある限り、みんながハッピーという結果にはならないわけで・・・

フィギュアスケート全米選手権2018 女子SP 新星テネル1位、長洲未来2位!

何と今季の全米選手権は年をまたいで開催されています。大晦日と元旦にも試合なんて、日本では考えられませんね。ノービスもジュニアも同時で、開催期間が1週間以上にわたる大イベントです。 3日(日本時間で4日)は、女子のショートプログラムが行われました。

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017の日程と出場選手と採点方法と予想

フィギュアスケート世界選手権が終わるとシーズンが終わった感じがするのですが、今季はまだこれが残っています。世界フィギュアスケート国別対抗戦2017です。 選手には負担になってしまいそうで心配ですが、ファンにとっては嬉しい大会です。団体戦ということで、普通の競技会とはまた違った楽しみ方ができますね。

フィギュアスケート世界選手権2017 女子 メドヴェデワ2連覇 三原5位!

はぁ~、疲れました~。手に汗握る試合でした。すごい~。 この大会、どの種目もそうですが、とにかくレベルが高い!最後まで目が離せない試合展開でした。 そしてSP15位から10人抜きでFS4位だった三原舞依選手、すごいです。このプレッシャーの中のノーミスでこの演技ができるなんて、大物ですね~。

フィギュアスケート世界選手権2017 女子SP メドヴェデワ首位

最初に言っておきたい!「フィギュアスケート世界選手権2017」はフィギュアスケートの2017年の世界チャンピオンを決める大会で、オリンピックの枠を決めるための大会ではな~い! って、ちょっとおこりたくもなりますよね。枠は結果として決まっちゃう、ということです。 選手たちの演技を純粋に楽しみたいと思います。

フィギュアスケート全米選手権2017日程と出場選手とTV放送

フィギュアスケートファンとして、気になる海外のナショナル競技会と言えば、ロシア選手権、全米選手権、カナダ選手権でしょうか。 ロシア選手権は年末に終わって、欧州選手権の出場選手が決まりました。 今度は北米大陸です。まずは全米選手権です。アメリカの世界選手権の出場枠は、男子2、女子3、ペア2、アイスダンス3です。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.