宇野昌磨来季のFSをファンタジーオンアイス札幌で初披露

宇野昌磨選手がかねて言っていた通り、ファンタジーオンアイス札幌公演で、来季のフリーを初披露してくれました。

宇野昌磨選手の新フリー

曲は「Buenos Aires Hora CeroとBalada para un locoのアレンジ」ということで、かなり大人びた雰囲気ですね。

宇野選手はまだ若くて幼いかわいい顔つきをしているのに、どこか色っぽいところがあるという選手ですので、こんな曲も滑りこなしちゃうのかも、ですが、さすがにまだシーズンも始まっていない段階なので、このプログラムが合うとか合わないとかを言うのは早過ぎるかなと思います。

衣装も、試合をこれで行くかどうかもわからないですしね(この赤シャツのデザインは、他にも同じようなのを持っていますよね。色や材質は違うけれど)。

ただひとつ言えるのは、中盤の無音からバシッと決める3Aがかっこよすぎる!ということです。

これは音に合わなければ効果がないばかりか、ずれたのがバレバレで締まりがなくなるので、選手にはプレッシャーにならないのかなとちょっと心配してしまいます。

どうやらジャンプ構成は、4回転2種類3回で行くみたいですね。最初の4回転はフリップになるようです。

札幌公演では毎回、どれかのジャンプを失敗してしまったようですが、ショー用の競技用より狭いリンクで難しいジャンプを跳ぶのは、ちょっと危ない気がしてしまうんですよね。

このプログラムがこれからどう進化していくのか、ここ2年の宇野選手の進歩の目覚ましさを考えれば、期待せずにはいられなくなります。

あまり画質は良くありませんが、動画を見つけましたので貼っておきます。
2016年6月3日ファンタジーオンアイス札幌 宇野昌磨

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.