本田真凛2016-2017の新プログラム

さて今回取り上げるのは、2015-2016シーズンのジュニア世界選手権で優勝した、本田真凛選手です。

ジュニア世代では樋口新葉選手が先頭を切っていた感がありましたが、2015-2016シーズンは本田選手が大活躍しました。

本田真凛選手 2016-2017の新プログラム

ショートプログラム
「Smile」

振り付けは、2015-2016シーズンのSPスプリングソナタと同じマリナ・ズエワです。スプリングソナタは本田選手の可憐さを存分に引き出した、ステキなプログラムでした。今回もきっとかわいらしいプログラムになるでしょうね。

フリー
「ロミオとジュリエット」

「ロミオとジュリエット」だというだけで、いったいどの「ロミオとジュリエット」かわからないのですが、フィギュアスケートでよく使われるのは1968年の映画音楽(ニーノ・ロータ)ですね。曲は本田選手自身が選んだということです。

この曲、たくさんのスケーターが滑っています。最近では新田谷凜選手の「ロミオとジュリエット」の印象が強いです。かなり前だとトリノ五輪シーズンのサーシャ・コーエンかな。そしてもちろん忘れてはいけない、羽生結弦選手の「ロミオとジュリエット」!

スポンサードリンク

「ロミオとジュリエット」はスケーターの衣装も、ジュリエットみたいでかわいいものが多いですね。

振り付けは、ジェフリー・バトル。ジュニア世界選手権の直後にアイスショーで来日したバトルが、振り付けたということです。

本田真凛選手の演技構成

最近のトップ選手はジュニアでも3Lz-3Tを跳びますが、本田選手はSPのコンビネーションが3Lo-3Tです。基礎点で差がついてしまいます。ジャンプの難度を高めて行かなければ、世界のトップと戦うのは厳しいということですね。

本田選手は来季はSPの後半に、3Lz-3Tを入れたいと言っていますが、外反母趾のためにルッツやフリップは厳しいようです。つま先の筋肉を鍛える訓練をしなくてはいけないと、濱田コーチが言っています。大変ですね。

来季(2016-2017)の目標は、JGPFの優勝ということ。

頑張ってほしいですね!

Goldenskate Japan’s Marin Honda sets goal for 2016-17

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.