コーセー・チームチャレンジカップ2016を予想してみた

コーセー・チームチャレンジカップ2016、もうこの週末ですが、盛り上がりがイマイチですかね・・・

世界選手権が終わるとシーズンが終わったモードになりますけれど、まだお楽しみが残っていますね。

予想と言うほどのものではありませんが、世界選手権の結果から、どんな感じかなあ、と見てみました。

選手の頭に付いている数字は、世界選手権2016での順位です。

コーセー・チームチャレンジカップ2016 女子予想

アジア
5 宮原知子(日本)
8 本郷理華(日本)
12 エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)

欧州
1 エフゲニア・メドヴェデワ (ロシア)
6 エレーナ・ラディオノワ (ロシア)
16 ロベルタ・ロデギエーロ (イタリア)

北米
2 アシュリー・ワグナー (アメリカ)
4 グレイシー・ゴールド(アメリカ)
9 ガブリエル・デールマン(カナダ)

女子は良い勝負になりますね。どのチームも実力は拮抗しています。世界選手権の後、どれくらいモチベーションを維持できているかにかかっていますね。

コーセー・チームチャレンジカップ2016 男子予想

アジア
3 ボーヤン・ジン(中国)
7 宇野昌磨(日本)
11 デニス・テン(カザフスタン)

欧州
4 ミハイル・コリャダ(ロシア)
9 ミハル・ブレジナ(チェコ)
□ セルゲイ・ボロノフ(ロシア)

北米
6 アダム・リッポン (アメリカ)
27 ナム・グエン(カナダ)
□ ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

男子はアジアが強そうです。宇野選手は本気モードで滑るでしょう。

北米チームが予測不能です。グエン選手は世界選手権でフリーに行けなかった悔しさがあると思うし、ブラウン選手は世界選手権に出場できなかったので、このふたりはかなり力が入っていると思います。おもしろい試合になりそうです。

スポンサードリンク

欧州チームがちょっと心配かも・・・

コーセー・チームチャレンジカップ2016 ペア予想

アジア
15 シェハン・ワン/レイ・ワン(中国)
22 須藤澄玲/フランシス・ブードロオデ(日本)

欧州
4 クセニヤ・ストルボワ/ヒョードル・クリモフ(ロシア)
11 ニコル・デラモニカ/マッテオ・グアリゼ(イタリア)

北米
1 メーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード(カナダ)
9 アレクサ・シメカ/クリス・ケネリム(アメリカ)

ペアは欧州と北米が強いですね。アジアはどちらの組もこれからなので、良い経験になる演技をしてもらいたいと思います。

コーセー・チームチャレンジカップ2016 アイスダンス予想

アジア
22 シーユエ・ワン/シンユゥ・リウ(中国)
25 レベッカ・キム/キリル・ミノフ(韓国)

欧州
4 アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ(イタリア)
7 ペニー・クームズ/ニコラス・バックランド (イギリス)

北米
3 マディソン・チョック/エヴァン・ベーツ(アメリカ)
5 ケイトリン・ウィーバー/アンドルー・ポジェ(カナダ)

アイスダンスも欧州と北米ですね。アジアも(日本も)力を付けてきているので、このカテゴリーのアジアは今後に期待ということで。

コーセー・チームチャレンジカップ2016 全体予想

一日目のシングルスSPではアジアが活躍しそうですが、二日目はどうでしょう。。。

シーズン終わりのお祭りのようなものですから、見ている方も楽しみましょう。

出場選手の皆さんにも、今季の締めくくりに楽しんで滑ってもらえたら良いんじゃないかと思っています。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.