フィギュアスケート世界選手権2016 男子 フェルナンデス連覇!

羽生選手は2位。余程のことがない限り優勝だと思っていたのですが。。。

それにしてもフェルナンデス選手の素晴らしかったこと!

フィギュアスケート世界選手権2016 男子FS 結果

1 Javier FERNANDEZ ESP 216.41 118.05 98.36
2 Yuzuru HANYU JPN 184.61 93.59 92.02
3 Boyang JIN CHN 181.13 104.99 76.14
4 Adam RIPPON USA 178.72 93.08 85.64
5 Mikhail KOLYADA RUS 178.31 93.67 84.64
6 Shoma UNO JPN 173.51 87.93 86.58
7 Max AARON USA 172.86 93.16 79.70
8 Patrick CHAN CAN 171.91 79.31 92.60
9 Grant HOCHSTEIN USA 162.44 85.02 77.42
10 Michal BREZINA CZE 158.70 81.12 78.58
11 Alexei BYCHENKO ISR 156.21 82.57 73.64
12 Denis TEN KAZ 151.58 73.86 78.72
13 Ivan RIGHINI ITA 147.35 73.31 76.04
14 Misha GE UZB 146.10 72.12 73.98
15 Jorik HENDRICKX BEL 143.71 71.07 72.64
16 Deniss VASILJEVS LAT 143.47 66.91 76.56
17 Brendan KERRY AUS 139.52 73.96 65.56
18 Michael Christian MARTINEZ PHI 137.12 71.82 65.30
19 Julian Zhi Jie YEE MAS 135.34 71.54 63.80
20 Chafik BESSEGHIER FRA 133.97 68.97 66.00
21 Maxim KOVTUN RUS 131.68 58.82 74.86
22 Phillip HARRIS GBR 121.89 60.75 62.14
23 Ivan PAVLOV UKR 113.69 54.19 59.50
24 June Hyoung LEE KOR 104.83 44.13 62.70

フェルナンデス選手が最高の演技で、世界選手権連覇!もう何も言うことなしの素晴らしい出来でした。ジャンプもすべて完璧で(私はフェルナンデス選手のシュッと上がる軸の細いジャンプが大好きです)、それ以外のエレメンツも全部がぶれがなく、しかも「見せる」ということにかけても文句のつけようのない出来でした。216.41!!!

羽生選手は、滑り出しからちょっと・・・何て言うんでしょうか、フィギュアスケートファンの勘なのか、うまく行きそうにないな、と。案の定、最初のジャンプ(4S)からうまく行かない・・・気負いがあったのでしょうか。すべてが噛み合っていない感じで、やる気が空回りして体力を消耗していったように見えました。でもそこはさすが羽生選手、どうにかこうにか最後までまとめて滑り切りました。この演技でも、これだけPCSがもらえるんだなあ。。。

ボーヤン・ジン選手。ジャンプの着地が乱れまくっていましたが、それでも4回の4回転(!)、2回の3Aが入ると、技術点は100を越えるんですね。いや、すごい。現在、FSに4回転を4回入れられるのはジン選手だけです。ただやっぱり他の部分を良くしていかないと、トータルでの点数が上がりません。まだ18歳、他の部分が良くなってきたら、おそろしいことに・・・

リッポン選手がついに4Lz成功!いえ正確には<が付いてしまったのですが、それでも大きな試合でこの質の4Lzを跳べたのは初めてでしょう。本当に跳べるの?とちょっと疑問に思っていました、ごめんなさい。SPと同じで4回転は避けるかと思っていたのですが、攻めてきましたね。素晴らしい演技でした。かんど~!こんなかっこいいリッポン選手は初めて見ました。

スポンサードリンク

コリャダ選手、この大会はSPも良かったし、やっとロシア男子が上の方に来てくれた(あ~、またコフトゥン選手が・・・)。コリャダ選手は幼く見えるけれど、コフトゥン選手と同じ1995年生まれです。

宇野選手。頑張ったよね、なんて言ったら怒りそうだな。まったくもって不満足な出来でしょう。リンクに出る前の表情がすでに硬くて、これはちょっとまずい、と思いました。4Tはどうにかこらえて、次のコンビネーションはきれいに決めましたが、やっぱりいつもの調子じゃない。スケーティングは伸びてスピードもありましたね。初めての世界選手権、(本人は言われたくないだろうけれど)よくやったと思います。これがまた次へのステップへつながるんですね。

チャン選手はスケーティングがあんなにきれいでも、ジャンプで失敗しちゃうんですよね。他の選手はジャンプで失敗する時には、スケーティングもあまり良くないことが多いけれど。すごく残念でした。4大陸選手権のあのFSが、また見たかったのですが。

フィギュアスケート世界選手権2016 男子 最終結果

1 Javier FERNANDEZ ESP 314.93 2 1
2 Yuzuru HANYU JPN 295.17 1 2
3 Boyang JIN CHN 270.99 5 3
4 Mikhail KOLYADA RUS 267.97 6 5
5 Patrick CHAN CAN 266.75 3 8
6 Adam RIPPON USA 264.44 7 4
7 Shoma UNO JPN 264.25 4 6
8 Max AARON USA 254.14 8 7
9 Michal BREZINA CZE 237.99 11 10
10 Grant HOCHSTEIN USA 237.25 16 9
11 Denis TEN KAZ 230.13 12 12
12 Ivan RIGHINI ITA 228.52 9 13
13 Alexei BYCHENKO ISR 226.07 19 11
14 Deniss VASILJEVS LAT 224.54 10 16
15 Misha GE UZB 223.53 15 14
16 Jorik HENDRICKX BEL 221.43 14 15
17 Brendan KERRY AUS 210.56 17 17
18 Maxim KOVTUN RUS 210.14 13 21
19 Michael Christian MARTINEZ PHI 204.10 23 18
20 Chafik BESSEGHIER FRA 203.20 20 20
21 Julian Zhi Jie YEE MAS 202.94 22 19
22 Phillip HARRIS GBR 190.42 21 22
23 Ivan PAVLOV UKR 178.89 24 23
24 June Hyoung LEE KOR 174.88 18 24
Javier RAYA ESP FNR 25
Han YAN CHN FNR 26
Nam NGUYEN CAN FNR 27
Franz STREUBEL GER FNR 28
Denis MARGALIK ARG FNR 29
Slavik HAYRAPETYAN ARM FNR 30

日本は余裕で来季3枠を確保しました。良かった!

リッポン選手が滑り終わった時点で、アメリカは来季の3枠を取ったなと思ったのですが、惜しいところで2枠になってしまいました。それにしてもアメリカ選手のメンタルの強さはすごいですね。

SPではミスをする選手が多くてあまり期待しないで見たFSでしたが、レベルの高い試合になって大満足。見ていても緊張して疲れちゃいました。

選手の皆さん、お疲れさまでした。ありがとう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.