フィギュアスケートジュニア世界選手権2016 女子SP

いよいよ期待のジュニア女子!

なかなか波乱の幕開けとなりました。

優勝候補筆頭が棄権・・・ミス続出・・・

ジュニア世界選手権 女子SP 本田選手2位!

優勝候補筆頭だったロシアのツルスカヤ選手が、足首のねんざのために棄権となりました。残念。今季は負けなしの活躍だったので、本人もがっくりでしょう。直前だったので、ロシアは補充なしでふたりだけの出場となりました。

女子の試合はミスが少ないことが多いですが、今回のSPはちょっと多かったですね。日本からの樋口選手と白岩選手も、珍しくジャンプでミスが出てしまいました。

カザフスタンのトゥルシンバエワ選手は、鼻血を出して演技を中断、かわいそうでした(マイナス6!)。

それにしても出場選手46人!(ひとり棄権)、フリーには24人しか進めないので、ほぼ半分しかすすめないという・・・厳しいですねえ。

女子SP結果
1 Alisa FEDICHKINA RUS 66.11 38.16 27.95
2 Marin HONDA JPN 66.11 37.57 28.54
3 Maria SOTSKOVA RUS 64.78 37.15 27.63
4 Bradie TENNELL USA 58.56 34.42 25.14
5 Wakaba HIGUCHI JPN 58.08 31.93 27.15
6 Angelina KUCHVALSKA LAT 57.92 31.69 26.23
7 Tyler PIERCE USA 56.56 30.94 26.62
8 Yuna SHIRAIWA JPN 56.23 30.34 25.89
9 Anastasia GALUSTYAN ARM 55.80 31.51 24.29
10 Diana NIKITINA LAT 54.59 30.47 24.12
11 Maisy Hiu Ching MA HKG 52.69 29.21 23.48
12 Ha Nul KIM KOR 52.37 30.69 21.68
13 Anastasia GOZHVA UKR 50.99 29.33 21.66
14 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 50.11 29.60 26.51
15 Ivett TOTH HUN 49.98 26.09 24.89
16 Sarah TAMURA CAN 48.11 27.33 20.78

アリッサ・フェディチキナ選手が1位。コンビネーションで!が付いた以外は、良い出来だったと思います。他のエレメンツのレベルも取れているし。可憐なプログラムで合っているのだけれど、何か物足りない・・・

本田真凜選手が2位ですが、点数的には1位と同点です(同点の場合は技術点が上の選手が上に来ます)。PBを更新しました。流れのある軽やかな演技で、良かったですね~。コンビネーションがルッツではないし、ジャンプを後半に跳ぶのが1つだけなので、他の表彰台候補の選手に比べて基礎点は少し低いのですが、キッチリ滑ると加点がたくさんもらえて、PCSも高いんですよね。SPとFSの両方がなかなかそろわない選手ですが、フリーも頑張ってほしいです。

スポンサードリンク

マリア・ソツコワ選手が3位。やっぱり強いロシア。良かったですが、どこかちょっと荒っぽい感じがするのは、プログラムのせいなのか。。。

樋口選手がコンビネーションで転倒して5位スタートになりました。ジャンプを全部後半に持ってくる、勝ちに行くプログラムですが、もしかしてそれが裏目に出たかもしれません。ふたつ目のジャンプの回転が全然足りず、基礎点も大きく下げられてしまいました。やはり精神的に負担が大きいかなと思います。ロシアの選手に多いですが、やはりジャンプがないとどうしても前半にメリハリが付けられず、個人的には好きではないのですが、フィギュアスケートはスポーツなのでね。

6位のラトビアのアンジェリーナ・クフワルスカ選手は、最近どこかで見たと思ったら、欧州選手権で4位だったんですよね。大柄なのであまり早く動くと雑に見えちゃうけれど(本郷選手と同じ)、優雅で美人さん、これからがすごく楽しみな選手です。個人的にヨーロッパのロシア以外の選手にももっと頑張ってほしいと思っているので。

白岩選手が8位。ジャンプをミスするのは珍しいですね。3Fは!が付き、コンビネーションはひとつめで体勢を崩してふたつめが2回転になってしまいました。2Aはマイナスにこそなっていませんが、あまり良くなかったです。ジャンプが崩れると、彼女の魅力のピチピチ感が半減してしまって、とても残念でした。

トゥルシンバエワ選手は表彰台候補のひとりですが、ちょっと厳しくなってしまいました。でもあの状態で、よく演技を再開して最後まできっちり頑張りました。えらい!

16位のサラ・タムラ選手は、名前からして日系人だなと思いましたが、高知県出身の「田村紗楽」さんだそうです。まだ粗削りですが、ジャンプも決まると軸が細くてきれいです。前傾姿勢を直したほうが良いかな.15歳になったばかり、これからの選手ですね。

ジュニアはたいてい順位が大きく変わるので、どうなるかわかりません。

本田選手には、頑張ってほしいですね!

樋口選手と白岩選手にもまだ表彰台の可能性はありますね。守っていたら勝てないので、全力で勝負に出て欲しいです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.