四大陸選手権2016 2日目 男子SP、アイスダンスFD

フィギュアスケート四大陸選手権2016、2日目です。

男子SPとアイスダンスのフリーが行われました。

四大陸選手権2016 男子SP 宇野昌磨選手2位!

1 Boyang JIN CHN 98.45 58.41 40.04
2 Shoma UNO JPN 92.99 50.06 42.93
3 Han YAN CHN 89.57 47.92 41.65
4 Takahito MURA JPN 89.08 46.94 42.14
5 Patrick CHAN CAN 86.22 41.15 45.07
6 Grant HOCHSTEIN USA 75.79 40.39 36.40
7 Keiji TANAKA JPN 74.82 37.82 37.00
8 Max AARON USA 69.48 32.48 38.00
9 Michael Christian MARTINEZ PHI 69.15 35.18 34.97
10 June Hyoung LEE KOR 67.35 35.43 31.92

中国のボーヤン・ジン選手が、4回転を2回入れる構成で1位。いよいよ男子は、メダルを取るためにはSPで4回転2回の時代になるんですかねえ。いやはや・・大変であります。

パーフェクトでした。まだまだ動きがぎこちないけれど、それでもずいぶん良くなっていますね。FSは4回転を4回入れる構成で来ると思いますが、全部成功したらこのままぶっちぎってしまうかもしれませんね。

えっと、その、衣装なんですが、う~ん、なぜにそんなに胸が空いているのだ?いえ、良いんですけど、別に。ちょっと気になっただけで。。。

2位が宇野選手。4Tが危なかったけれど、回転は認められています。3AのGOEが2.57ですよ。滑り出しから深いエッジで、上体も良く動いていて良かったですね。かわいいんだけれどなぜか色気があるという、とっても不思議な宇野選手です。また背が伸びた?

PCSが宇野選手の方がボーヤン選手より高いですが、差が3点もない。そう?そうなのかな?

3位がハン・ヤン選手。すごく良い出来でパーフェクトだと思ったのに、あまり点が出ないなと思ったら、スピンがノーカウントになっています。このプログラム、パトリック・チャン選手のプログラムみたいですよね。こういうのを中国の選手が滑るようになったんだなあ。

4位が無良選手。男っぽくて素敵でした。ほぼパーフェクトだったけれど、スピンが、スピンが・・・

5位がパトリック・チャン選手。あ~、この滑りですよ。このスケーティングは本当にため息ものです。コンビネーションの2つ目が2回転。4Tも3Aもカンペキではありませんでした。どうも氷が良くないらしいですが、それはどの選手にも同じことなのでね。

スポンサードリンク

PCSはもちろん1位ですが、ボーヤン・ジン選手との差が5点なのか。。。そうなのか???

田中刑事選手は、緊張しちゃったでしょうか。ジャンプがびしっと決まらないと厳しいです。何となく力が抜けちゃってるような。。。この選手も独特の雰囲気がありますね。

楽しかったのがフィリピンのマルティネス選手でした。前シーズンくらいからでしょうか、目立ち始めたの(私にとって、ですが)。東洋のラテン系というか、何だか面白いんですよね。今回もミスはたくさんあったけれど、楽しい演技でした。前シーズンよりもずっと良くなっているし、これからが楽しみです。

5位のチャン選手までが表彰台圏内でしょうか。18点差、ひっくり返せなくもないかな。でもジン選手、4回転4回ですからね・・・

四大陸選手権2016 アイスダンスフリー シブタニ組優勝!村元/リース組7位!

フリーダンス結果
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 108.76 54.92 54.84
2 Madison CHOCK / Evan BATES USA 107.59 52.49 55.10
3 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 102.93 52.50 51.43
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 101.43 45.89 55.54
5 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 98.27 49.12 49.15
6 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 88.70 46.23 42.47

総合結果
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 181.62 1 1
2 Madison CHOCK / Evan BATES USA 174.64 4 2
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 173.85 2 4
4 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 172.29 3 3
5 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 162.19 5 5
6 Elisabeth PARADIS / Francois-Xavier OUELLETTE CAN 146.94 6 7
7 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 145.83 7 6

シブタニ組が優勝!絶好調ですねえ!ショートとは全然違った落ち着いた曲想のFD、ツイズルなどもぴったり合って引き込まれる演技でした。

日本から出場の村元/リース組はFDでは一つ順位を上げて6位でした。素敵でしたね~。組んで短期間でよくこれだけ仕上げてきたものだと感心します。もしかしてクリスに村元さんは合わないんじゃないかと心配したのですが、杞憂でした。アメリカの空気を吸って育った村元さんは、表現の面でもクリスとは合うのかもしれませんね。日本人は大袈裟な仕草や表情にどうしても照れてしまったりしますが、ふたりの演技は息もぴったりです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.