四大陸選手権2016 1日目 女子SP、ダンスSD、ペアSP

いよいよ四大陸選手権が始まりました。

今日はその第一日目、アイスダンスのショート、女子のショート、ペアのショートが行われました。

結果をちょっとだけ私の感想を交えてお伝えします。

四大陸選手権2016 女子SP 宮原知子選手首位!

1 Satoko MIYAHARA JPN 72.48 39.88 32.60
2 Kanako MURAKAMI JPN 68.51 36.51 32.00
3 Mirai NAGASU USA 66.06 35.05 31.01
4 Rika HONGO JPN 64.27 34.81 29.46
5 So Youn PARK KOR 62.49 35.48 27.01
6 Zijun LI CHN 60.04 32.15 27.89
7 Alaine CHARTRAND CAN 59.71 30.74 28.97
8 Na Hyun KIM KOR 58.40 34.60 23.80
9 Gracie GOLD USA 57.26 27.52 31.74
10 Da Bin CHOI KOR 56.79 32.99 23.80
11 Kaetlyn OSMOND CAN 56.14 29.92 27.22
12 Karen CHEN USA 53.55 26.69 27.86

宮原選手、強いですね。この安定感!失敗する気配が全然ない。地道な日頃の練習で培った自信が、この安定感を生むのでしょう。70点越え!マイナスがひとつもないきれいなプロトコルです。目力がどんどん強力になってきてますね。ジャンプにあまり加点が付かないのはジャンプが低いから仕方ないのかな。。。きれいに回っているのに残念です。

村上選手。久々の良い演技でした。嬉しそう!ジャンプの回転がちょっと怪しいかなと思ったのですが、回転不足は取られませんでした。SP2位に付けました。村上選手は四大陸選手権とは相性が良いので、FSも頑張ってほしいですね。キス&クライで点数が良く見えないみたいでしたね。こんなに高い点数が出たのに、見えないとは・・・FSではメガネを用意しましょう。

長洲選手。上位は日本人ばっかり。長洲選手はアメリカからの出場ですが。勢いがあって、とても良かったです。66.06で大喜び。良かった~!私個人的には、村上選手の上に来ると思っていました。3Loでマイナスが付いてしまったんですね。

本郷選手。点数が出て、ちょっとがっかりしていた感じでした。演技は力強くてパーフェクトに見えましたが、コンビネーションジャンプの2つ目のジャンプで回転不足を取られてしまいました。スピンやステップは全部レベル4が取れているのですが、PCSがあまりもらえていません。このプログラムは、どうもやっぱり足さばき、手足の動かし方が雑に見えてしまうんだなあ。

パク・ソヨン選手が5位。とても良かったですね。見せ方がすごく上手になっていて驚きました。PCSがあまりもらえていないけれど、これから上がって行きそう。技術点だけなら3位です。

ジジュン・リ選手が6位。ドビュッシーの月の光は、清楚な彼女にぴったりの選曲ですね。とても良い演技でしたが、3T-3Tのふたつ目が回転不足。技と技のつなぎの部分がちょっとさみしい。彼女はもうちょっとできると思うのだけど。プログラムの手直しをしたほうが良い気がします(世界選手権に向けて)。

グレイシー・ゴールド選手が何と9位。2回も転倒してしまいました。コンビネーションは2ヶ目が付けられず、3Fは転倒してしかもe付き。。。他のエレメンツはレベル4が取れているのですが。彼女は良い時はすごく良いけれど、安定しませんね。このプログラムでいつも気になるのは衣装なんです。滑り始めればスカートがひるがえって暗い赤が見えるけれど、真っ黒。せめて髪飾りにちょっと赤を入れるとか。肌が白いから尚更、もうちょっと明るくしたほうが良いように思います。

スポンサードリンク

宮原選手がこのまま優勝してしまう気がしますね。村上選手がFSもこの調子で滑れるか。。。最近のフィギュアスケートの採点は、GOEやPCSで点数の差が大きく開く傾向にあるので、ショートが良くてもFSの出来で、順位が大きく変わる可能性があります。

2位以下は、ちょっとわからない・・・

四大陸選手権2016 アイスダンスSP シブタニ組首位!村元リード組7位!

1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 72.86 37.20 35.66
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 72.42 35.36 37.06
3 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 69.36 35.71 33.65
4 Madison CHOCK / Evan BATES USA 67.05 31.57 35.48
5 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 63.92 31.73 32.19
6 Elisabeth PARADIS / Francois-Xavier OUELLETTE CAN 60.15 31.95
7 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 57.13 31.09 26.04

12 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION JPN 47.09 24.03 23.06

シブタニ組が首位発進。今季は全米で優勝しての四大陸です。絶好調ですね。ダンスの音楽でコッペリアというのは、私にとってはすごく意外な感じがします。

ウェーバー/ボジェ組が僅差の2位。ほとんどシブタニ組との差がありません。正統派のダンスですね。

村元/リード組が7位に入りました。まだ組んで間もないのに、すごいです。見るたびに良くなって行くような気がするし、クリスがおねえさんと組んでいた時とはちょっと違って男っぽい、逞しい感じがしますね。これからがすごく楽しみです。

四大陸選手権2016 ペア 須藤/オデ組50点越え!

1 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 78.51 42.93 35.58
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 71.90 37.36 34.54
3 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM USA 67.61 36.79 30.82
4 Xiaoyu YU / Yang JIN CHN 64.99 35.85 31.14
5 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 61.97 33.86 30.11
6 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN USA 61.34 33.78 28.56

9 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU AUDET JPN 52.70 28.61 24.09

スイ/ハン組がドゥハメル/ラドフォード組を抑えて首位!完璧な演技でした。すべてのエレメンツに乱れがなく、ふたりが合わせる場所もぴったり。リフトなどのポジションも工夫していて、これは点数が出るはずですね。ひとつだけ言わせてもらえば、スイ選手の髪型。どうしても前髪が気になっちゃって・・・

今季、ドゥハメル/ラドフォード組はちょっと苦戦していますね。前シーズンは負けなしの感じでしたが、今季はGPFでも2位でした。その上ロシア最強ペアが戻ってきて、更にサフチェンコも復帰してきたので世界選手権ではそのふた組も待っています。そしてその3組がいない四大陸のSPでスイ/ハン組が上に来てしまいました。

ドゥハメル/ラドフォード組はサイドバイサイドのジャンプが3Lzですが、成功すれば高得点ですが、今回のように失敗してしまうリスクも大きいですね。大技はむずかしい。PCSでもスイ/ハン組が上に来てしまいました。

金メダルはこのふた組のどちらかでしょうけれど、これはドキドキのFSになりそうです。

須藤澄玲/フランシス・ブードロ―オデ組が9位ですが、50点を越えました。またうまくなってる!と思いました。ツイストはもうすぐ3回転ができそうで、余裕がありました。このところコンスタントに50点を越えるようになってきて、どんどん力が付いてきたのが見て取れます。組んで間もない大舞台で力を出せたのは、大きいですね。あまり緊張しているように見えないんですよね。それもふたりの息がぴったり合っているからかも。FSもこの調子で頑張ってほしいです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.