トルン杯 村元リード組ミニマムスコアをクリア 須藤オデ組優勝!

ポーランドで行われたネッスル・トルン杯で、アイスダンスの村元哉中/クリス・リード組が世界選手権のミニマムスコアをクリアしました!

ペアでは、須藤澄玲/フランシス・ブードロー-オデ組がISU大会初優勝を飾りました!

アイスダンス、村元/リード組がミニマムスコアをクリア!

シニア、アイスダンスの村元哉中/クリス・リード組が、世界選手権のミニマムスコアをクリアしました。

2位で表彰台です!

NHK杯ですでにフリーのミニマムスコアはクリアしていましたが、この大会でショートとフリーの両方で素晴らしい演技を見せてくれました。

昨日も書きましたが、村元選手の進歩はすごいですね。

クリスとの相性も良いのでしょう。

キャシーと村元選手はタイプも違うので比較はできませんが、ひとつだけ村元選手の方がクリスに良いだろうと思うのは、「軽い」ということだろうと思います。

クリスは膝のケガに何度も泣かされていますが、やはりパートナーが軽い方が負担も軽いかと思います。

2 Kana MURANOTO / Chris REED JPN 91.27 47.67 43.60
4 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION JPN 78.53 40.73 37.80

一緒に出場した平井絵己/マリオン・デ・ラ・アソンション組は、リフトなどがなかなか豪快なのですが、どうもやっぱりちょっと重い感じがします。体型によるものも大きいかな。平井選手は髪をまとめたら、もう少し軽く見えるのじゃないかしら。

スポンサードリンク

須藤澄玲/フランシス・ブードロー-オデ組が初優勝

須藤澄玲/フランシス・ブードロー-オデ組が、ISU大会初優勝です!

おめでとう!

今回はミスがちょっと多かったけれど、全体としてはとてもよくまとまっていました。

サイドバイサイドのジャンプを両方ともミスしてしまったのが痛いですね。

PCSが55.99!で、TSSが100点を越えました!りっぱ!

経験を積むごとに良くなって行くんですね。

次は四大陸選手権という大きな大会になります。得るものも大きいでしょう。

そして世界選手権へ!

1 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 104.36 49.37 55.99
5 Marin ONO / Wesley KILLING JPN 86.48 44.16 43.32

もうひと組出場している小野/キリング組は、ショートもフリーも四大陸選手権のミニマムをクリアしました。

派遣されると良いですね。

キリング選手は、カタカナでキリングだとあまり感じないけれど、アルファベットになるとちょっとかわいそうな名前だなあ、と思ってしまう・・・

ジュニアアイスダンスの深瀬/立野組もすてきでした!

深瀬/立野組はとてもきれいな滑りをしますね、上品というか。

ジュニア世界選手権への派遣が決まっています。がんばって!

3 Rikako FUKASE / Aru TATENO JPN 69.53 35.93 33.60

日本にもステキなペアとアイスダンスが育ってきました。もっとみんなが見てくれるようになると良いですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.