フィギュアスケートロシア選手権2015女子 高得点でメドヴェデワ優勝!

全日本とほとんど同時期に、ロシアでもロシア選手権が行われていました。

いつものことだけれど、ロシアは点数の大盤振る舞いでした。

ロシア選手権2015 女子総合得点

ロシア選手権の結果サイトはロシア語なので、読み解くのが大変だったりします。

1.エフゲニア・メドヴェデワ 234.88
2.エレーナ・ラディオノワ 222.57
3.アンナ・ポゴリラヤ 214.30
4.ポーリーナ・ツルスカヤ 205.46
5.マリア・ソツコワ 201.32
6.アデリーナ・ソトニコワ 197.98
7.ユリア・リプ二ツカヤ 195.24
8.エリザベータ・トゥクタミシェワ 194.74

知っている名前ならキリル文字でも見当がつくけれど、全く読めないのがリプ二ツカヤです。
Юлия ЛИПНИЦКАЯ

まあ、そんなことはともかく、この点数を見よ!

上位5人が200点越えって・・・

いや、わかってますよ、ロシア娘たちはとっても強いって。

ロシア選手権2015 女子 詳細

どうやってこんなすごい点数になったのか、ちょっと見てみます。

完全優勝のメドヴェデワ選手

ショート
79.44 TESが42.14 PCSが37.30

フリー
155.44 TESが78.41 PCSが77.03

スポンサードリンク

プロトコルを見ると、GOEががっぽりついていて、マイナスが全くありません。全エレメンツレベル4です。

これって男子の点数ですよね。

それにしても強い。点数はともかく、強いことは確かです。ほとんどミスをしないというのもすごいですね。私の覚えている限り、ミスらしいミスは、GPSのSPでジャンプを1度失敗したくらいかな。

世界選手権にも派遣されるでしょうけれど、優勝候補筆頭ですね。

リプ二ツカヤ選手が、SPは3位だったんです。もしかして復活?と思ったのですが、フリーで崩れてしまいました。今季は辛抱、辛抱。

上位3人がそのまま欧州選手権派遣でしょうか。そして余程のことがない限り、世界選手権も同じかな。

前シーズン負け知らずだった トゥクタミシェワ選手は、どうしてしまったんでしょうね。8位では欧州選手権も世界選手権も、派遣にはならないでしょうか。残念。

ソチの金メダリスト、ソトニコワ選手も、今季はGPS1回だけの登場になるのかな。

ロシア女子はすごく若い時に大活躍して、その後体形の変化などに苦しんで思うように滑れなくなって、結局もっと若い選手に追い越されてしまう、というパターンが多くて、ちょっと悲しいかも。。。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.