中国が来季のフィギュアスケートの試合を返上 GPS中国杯も他国へ

どうしたの?中国!

中国のスケート連盟が、ISUに来季(2018-2019シーズン)の試合を開催できないと連絡したということなのですが・・・

何だか心配になりますが、4年後の冬季オリンピックは北京だよ!理由はいずれ発表されるんでしょうか・・・

スポンサーリンク

2018年GPS中国杯は韓国に変更?

11月2日から4日にかけて開催されるはずだった中国杯は、別の国での開催を検討中。現在韓国で開催が検討されていて、6月25日までに開催できるかの回答をするのだそうです。

フィギュアスケートの強い選手が育ってきている韓国にとっては、GPSの開催は願ってもないことなのではないかと思います。どうにかして開催する方向で検討しているのだろうなあ、と想像します。

他の国での開催なら、中国杯という名前ではなくなる(んですよね・・・?)

スポンサーリンク

2018年ジュニアGPS中国大会もカナダへ

9月19日から22日にハルビンで開催予定だったジュニアグランプリは、9月12日から15日と日程を変えてカナダのバンクーバーで開催されるということです。

ジュニアグランプリは開催が迫っているので、準備が大変そうです。

9月末から10月初めに開催予定だった上海トロフィーは、中止になったということです。

う~ん、いったいどうしちゃったんでしょうね。。。

2018-2019シーズンの主要大会日程と開催場所は、はっきり決まってから変更したいと思っています。

まだアサイン前だし選手への影響はないと思うけれど、中国の選手たちは大丈夫なのだろうか・・・と気になります。

*【6/15追記】開催返上の理由は、北京冬季五輪に向けての準備のためということです。現在の施設には国際試合をする上での不備があったりするようですね。五輪に向けて、国際基準で改善、改築をするということなのでしょう。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.