高橋成美が引退 日本のペア唯一の世界選手権メダリスト

高橋成美選手の引退のニュースが入って来ました。

日本のペアを牽引してきた選手です。ありがとう!

高橋選手の未来に幸多かれと願います。

スポンサードリンク

高橋成美選手が引退

高橋成美選手は、カナダのマーヴィン・トラン選手と組んで2009年のジュニアグランプリで銀、2010年で金メダル!、2010年のジュニア世界選手権で銀、2011年に銅メダル、2012年の世界選手権で銅メダルを獲得!

2012年の世界選手権はテレビ観戦していましたが、思わずテレビの前で「きゃ~!」と叫んだことを良く覚えています。そしてもちろん高橋選手のキス&クライでの大喜びに大爆笑したことも。

マーヴィン・トラン選手とはとても相性が良く、信頼し合っているペアで、インタビューでも「五輪に出られなくても、絶対マーヴィン!」と言っていたことも良く覚えています。

トラン選手が五輪出場のために日本国籍を取得しようとしたけれどできなかった、というウワサが流れた後、残念ながらペアは解消してしまいました。国籍問題だったのか、ふたりの間に何かがあったのか真相はわかりませんが、とても残念なことでした。

その後、木原龍一選手とペアを組み、2014年のソチ五輪に出場しましたが、2015年末でペア解消。2015年夏にロシアのサボエフ選手とペアを組みましたが、短期間で解消、2016年に柴田嶺選手とペアを結成しました。

柴田嶺選手とのペアはとても相性(性格的にも)が良さそうで期待していましたが、2017-2018シーズンは思うような演技ができていなかったようです。

スポンサードリンク

高橋成美選手は、シングルを滑っていた子供の頃に足をケガしていて、もう足に負担のかかるシングルはできないとどこかで言っていたのを覚えています。ペアも足に負担がかからないわけはありませんが、ジャンプの比重が少ない分負担も軽かったのだと思います。

今回の引退のはっきりした理由はわかりませんが、目標にしていた平昌五輪に出場が叶わなかったこと(あと4年は長い)、度重なるケガの影響などもあったのではないかと思います。

高橋成美選手の今後

今後に関しては、今の段階では何もわかっていません。

願わくば、この先もフィギュアスケートに関わっていただけたらと思います。日本ではカップル競技の指導者があまりいないので、是非日本ペアの未来のために、何らかの活動をしてくれたら嬉しいです。

日本オリンピック委員会の冬季競技対象アスリート委員になったということで(任期4年)、期待しています。

柴田嶺選手がどうするのかはわかりませんが、もう30歳なんですよね。せっかくここまでやってきたペアをやめてしまうのは、とてももったいない気がします。ふたり一緒に日本のどこかでペア指導、なんていうのはファンの夢でしょうか。

今の段階では、高橋選手の引退、という情報しか出ていないので、また何かわかったら記事にします。

フィギュア女子の高橋成美、無投票でアスリート委員に=JOC

ペアの高橋が現役引退=12年世界選手権銅メダル

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.