フィギュアスケート世界選手権2018 ペアとアイスダンス 村元/リード組11位!

いつものことですが、カップル競技については後回しになってしまって、すみません。

全試合を見て、それを速攻でブログに書く、というのはちょっと無理なので。

日本人選手が活躍する男女シングルの方が馴染みがあるし、ルールも良くわかっているのでこうなってしまいます。

それにアイスダンスは、かなりスケーティングを見る目がないと、なかなかわからないことが多いので難しいです。でも日本選手もどんどん実力を付けてきているので、私ももっとわかるようにならないと・・・!

スポンサードリンク

フィギュアスケート世界選手権2018 ペア サフチェンコ/マッソー組優勝!

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 245.84 1 1
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 225.53 2 2
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 218.36 3 3
4 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 207.88 4 6
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 206.06 5 5
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 204.33 10 4
7 Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN 203.36 9 7
8 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS 202.16 7 9
9 Cheng PENG / Yang JIN CHN 202.07 6 10
10 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 202.02 8 8
11 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE 189.6 13 11
12 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 188.77 12 12
13 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT GER 184.83 16 13
14 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 184.3 14 14
15 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 182.04 11 15
16 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 177.46 15 16
Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY USA FNR 17
Camille RUEST / Andrew WOLFE CAN FNR 18
Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR FNR 19
Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP FNR 20
Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO FNR 21
Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN FNR 22
Ioulia CHTCHETININA / Mikhail AKULOV SUI FNR 23
Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN FNR 24
Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV FRA FNR 25
Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM KOR FNR 26
Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR FNR 27
Elizaveta KASHITSYNA / Mark MAGYAR HUN FNR 28

金メダルを取ったのはドイツのサフチェンコ/マッソー組です。おめでとうございます!マッソー選手にとっては、世界選手権初めての金メダルです。サフチェンコ選手は五輪の金も取ったし、世界選手権の金メダルは6個目だし、そんなに感動もないかもしれないと思っていたのですが、演技後マッソー選手とふたりで泣いているのを見て、もしかしてこれが競技選手として最後?と不安になってしまいました(まだ決めかねているようです)。それにしても素晴らしい演技(特にフリー)でした。五輪のあの演技の後で、またこんな演技をすることに驚き。今回は五輪を現地で見られなかった家族や友人たちのために滑ったそうです。

銀メダルはロシアのタラソワ/モロゾフ組。悔しい思いをした平昌オリンピックの後、立て直すのが大変だったろうなと思います。インタビューでは何度も「疲れている」と言っていました。これは五輪に出場した選手、全部に言えることなんだと思います。私はとにかくスロージャンプが一番美しいのはこの組だと思っています。高さも幅もすごいけれど、タラソワ選手の軸の細さ、シュッと回る気持ちの良い回転、すばらしいと思います。今季は五輪シーズンにも関わらず、フリープログラムがいまひとつ。これは選手の責任ではないので、ちょっと気の毒でした。もし北京五輪に出るなら、もっと良いプログラム(ステキな曲で)を用意してあげて!

3位になったのはフランスのジェイムス/シプレ組でした。ついに世界選手権のメダル獲得!シプレ選手がめちゃくちゃ嬉しそうで、本当に良かったです。見ていていつも惚れ惚れするのはジェイムス選手の身体の線の美しさ(すみません、演技のことじゃなくて)。

日本から出場した須崎海羽/木原龍一組は、残念ながらフリーに進めませんでした。毎年全体的にレベルが上がっているので、フリーに行くだけでも大変!須崎/木原組はショートでいろいろとかみ合わずに、ミスがいくつも出てしまいました。五輪のあの緊張の後だしね。

スポンサードリンク

フィギュアスケート世界選手権2018 アイスダンス パパダキス/シゼロン組優勝!

順位 名前 総合点 SD順位 FD順位
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 207.2 1 1
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 196.64 2 2
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 192.35 3 4
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 192.08 4 3
5 Madison CHOCK / Evan BATES USA 187.28 5 5
6 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 186.1 6 6
7 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 184.01 7 7
8 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 180.42 8 8
9 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 178.44 9 9
10 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 165.28 15 10
11 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 164.38 10 11
12 Olivia SMART / Adrian DIAZ ESP 162.05 12 12
13 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 159.64 14 13
14 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN 159.46 11 14
15 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 158.4 16 15
16 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 157.02 17 16
17 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 151.46 13 19
18 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 150.75 19 17
19 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 149.05 20 18
20 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 148.3 18 20
Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR FNR 21
Tina GARABEDIAN / Simon PROULX SENECAL ARM FNR 22
Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN FNR 23
Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR FNR 24
Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK FNR 25
Cortney MANSOUROVA / Michal CESKA CZE FNR 26
Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN FNR 27
Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR FNR 28
Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL FNR 29
Chantelle KERRY / Andrew DODDS AUS FNR 30
Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR FNR 31

村元哉中/クリス・リード組が、大健闘の11位!SDでは10位で、もしかすると10位以内かも、と期待していましたが(10位以内なら来季の枠が2になる)、やはり壁は厚かった。でもそんなことに関係なく、本当にステキな桜がミラノで花開きました。どんどん見せ方がうまくなりますね。コメントを読むと、現役は続けるみたいでホッとしました。ここまで来たんだもの、やめるのはもったいない。来季こそは10位以内を達成してほしいです。そういえば、今季の初めだったか、目標は世界で10位以内と言っているのを聞いて、それはいくらなんでも無理なんじゃ・・・と思ったんでした。ごめんなさい。

アイスダンスの金メダルは、パパダキス/シゼロン組。またしても記録更新。アイスダンスについては細かいことは正直良くわからないのですが、見ていてこのふたりはやっぱり別格だと思います。世界が違うっていうか、人間離れしてるっていうか。あの体の動きのスムーズさは、いったい何なんでしょ。

2位はアメリカのハベル/ダナヒュー組。3位はカナダのウィーバー/ポジェ組でした。

イタリアのカッペリーニ/ラノッテ組は惜しくも4位。地元開催でたぶん最後の競技会、メダルを取ってほしかったです。3位とは、たった0.27差。あ~。。。今日もとっても素敵でした。

ISU World Figure Skating Championships 2018 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.