フィギュアスケート ジュニア世界選手権2018 女子SP 山下真瑚3位発進!

予想通り、ロシアのジュニア2強、トゥルソワ選手が1位、コストルナヤ選手が2位となりました。いやはやすごい。

紀平梨花選手がジャンプにミスが出て4位、山下真瑚選手が3位発進です。

スポンサーリンク

フィギュアスケートジュニア世界選手権2018 女子SP 紀平梨花は4位!

名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Alexandra TRUSOVA RUS 72.03 42.49 29.54
2 Alena KOSTORNAIA RUS 71.63 41.54 30.09
3 Mako YAMASHITA JPN 66.79 38.59 28.20
4 Rika KIHIRA JPN 63.74 35.88 28.86
5 Eunsoo LIM KOR 62.96 35.19 27.77
6 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 62.63 33.99 28.64
7 Ting CUI USA 62.22 36.33 25.89
8 Yuhana YOKOI JPN 59.81 34.53 26.28
9 Young YOU KOR 59.79 34.30 25.49
10 Anastasiia ARKHIPOVA UKR 59.37 34.83 24.54

1位になったのはロシア(エテリ門下生)のアレキサンドラ・トゥルソワ選手です。まあ、予想通りです。今季ジュニアGPFの優勝者です。フリーでは4回転を跳ぶと思うのですが、練習ではサルコウとトウを跳んでいたようで・・・なんだかすごい。今日のSPはジャンプ全部後半、コンビネーションは3F+3Loでした。

スポンサーリンク

2位になったのもやはりロシア(エテリ門下生)、ジュニアGPF2位のアレーナ・コストルナヤ選手。やはりジャンプは全部後半。ルッツに!が付いたのと、コンビネーションの2つ目がトウだったので、その分基礎点が低くなりました。PCSではトゥルソワ選手より高い。

山下真瑚選手がパーフェクトな演技で3位。ポーンと上がる気持ちの良いジャンプで、加点をたくさんもらっています。パーソナルベスト、フリーでも出してね。

紀平梨花選手は、コンビネーションふたつ目の3Tが回転不足で転倒のミス。もったいな~い!ジャンプ全部後半の、攻めのプログラム。スピンステップ全部レベル4なのは、紀平選手だけでした。今回ステップのレベル判定が厳しいのか、ステップでレベル4が取れているのが紀平選手とクロエ・イング選手(SP20位)だけです。フリーでの巻き返しを期待しています。

韓国のイム・ウンス選手が5位。悪くはなかったのですが、ちょこちょこと取りこぼしなんかがあったみたいで、この点数。

6位にロシアのコンスタンティノワ選手。すごい美人さんになってる!う~ん、ジャンプが重いかな。ロシア女子選手は16歳くらいになると、体形の変化でかな、苦労する選手が多いですね。

横井ゆは菜選手が8位。力強いスケーティング、2Aのかっこ良さよ!あ~、ルッツの転倒がもったいない。フリーでは全日本の時の様な演技を期待します。

1位、2位はこのまま行きそうかな。3位以下は、わかりませんね。7位まで表彰台の可能性があるかも。

それにしても、どうして会場こんなにガラガラなの?お客さん入れてないんじゃ、と思う位。世界選手権よ、これ。チケットが取れないくらいになる日本も異常だけれど、これはないな~・・・

ISU World Junior Figure Skating Championships 2018 results

********

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.