チャレンジカップ2018 女子 樋口新葉1位、本郷理華2位、本田真凜3位!

チャレンジカップ2018の女子のフリーが行われました。

SPでジャンプがほとんど跳べず心配した本田真凜選手も出場し、しっかり立て直したフリーを見せてくれました。3位表彰台!

スポンサーリンク

チャレンジカップ2018 本田真凜選手 立て直してごぼう抜き!

日本人が表彰台を独占するのは予想していましたが、本田真凜選手は昨日のSPがあるので、もしかしたら難しくなったかも・・・と思っていました。いえいえ、すみません。本田選手は、あれで折れちゃうような選手じゃなりませんでしたね。

女子フリー

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Wakaba HIGUCHI JPN 203.94 1 1
2 Rika HONGO JPN 168.79 2 3
3 Marin HONDA JPN 160.19 11 2
4 Nathalie WEINZIERL GER 159.15 3 4
5 Nina POVEY GBR 150.74 7 5


女子総合

スポンサーリンク
名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Wakaba HIGUCHI JPN 134.69 69.48 66.21
2 Marin HONDA JPN 111.98 54.26 57.72
3 Rika HONGO JPN 106.72 52.31 56.41
4 Nathalie WEINZIERL GER 101.44 47.94 54.50
5 Nina POVEY GBR 100.24 52.23 48.01

大差をつけて優勝したのは、樋口新葉選手。まあ、これも予想していたことです。世界選手権に向けて練習している選手と、ほとんどシーズンは終わってしまったかなという選手では、やはり差が出て当たり前かと。

樋口選手は転倒がありましたが、世界選手権じゃなくて良かったね、ということで。。。スピンステップもレベルが取れているし、わかボンド、かっこ良かったです。樋口選手は、ボンドガールではなくて、ボンド自身ですよね。これから世界選手権に向けて、どんどん調子を上げて行けば、もっと勢いのある演技でPCSも上がるかな、と期待しています。新しい衣装。

本郷理華選手は、フリーは3位で総合2位。転倒が2回ありました。やっぱりこの試合に合わせるのは難しかったかな、という印象です。でもスピンステップ全部レベルを取っているし、最後まで頑張りました!来季に繋がる表彰台になりましたね。

本田真凜選手は、昨日の今日なので、もしかしたら欠場してしまうかもと心配していました。ちゃんと出場して、立て直した演技を見せてくれました。かんど~!ジャンプは乱れたり、2回転になってしまったりしたのがありましたが、スピンは全部レベル4。SP11位からごぼう抜きで、3位の表彰台!キス&クライでもキャシー・リードコーチとニコニコとしていたので、とっても安心しました。

ドイツのナタリー・ヴァインツィール選手が、良い滑りを見せてくれました。やはり五輪を逃してしまった選手です。上位4人は、他の選手と格が違う演技でした。

結果サイト

********

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.