平昌五輪2018フィギュアスケート団体予選 男子SP 宇野昌磨1位/ペアSP 現在日本3位

平昌五輪フィギュアスケート団体予選前半が終わって、日本は3位に付けています。すご~い!

それにしてもガラガラな会場、とてもオリンピックとは思えない。当然拍手や歓声も少なくて、ちょっとさみしい。アメリカのテレビのせいで、競技時間がやたら早いのが一因だと思うけれど、これは観る方もだけれどスケーターにとってもかわいそうすぎる。


2種目終わった時点での順位とポイント

順位 ポイント 男子SP ペアSP
1 カナダ 17 8 9
2 アメリカ 14 7 7
3 日本 13 10 3
4 ロシア(OAR) 13 3 10
5 イスラエル 11 9 2
6 中国 10 4 6
7 イタリア 10 6 4
8 ドイツ 10 2 8
9 韓国 6 5 1
10 フランス 6 1 5
スポンサーリンク

平昌五輪 フィギュアスケート 団体 男子SP 宇野昌磨1位!

名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 UNO Shoma JPN 103.25 56.64 46.61
2 BYCHENKO Alexei ISR 88.49 47.59 40.90
3 CHAN Patrick CAN 81.66 38.56 45.10
4 CHEN Nathan USA 80.61 37.73 43.88
5 RIZZO Matteo ITA 77.77 40.60 37.17
6 CHA Junhwan KOR 77.70 40.71 36.99
7 YAN Han CHN 77.10 38.28 40.82
8 KOLYADA Mikhail OAR 74.36 33.75 42.61
9 FENTZ Paul GER 66.32 34.54 33.78
10 BESSEGHIER Chafik FRA 61.06 26.93 34.13

オリンピックの魔物か、はたまた朝が早いからか。大いに乱れた男子SPでした。

スポンサーリンク

氷が悪いのかなとも思ったのですが、ジュンファン・チャ選手や宇野昌磨選手は良い演技をしているので、やはり特別な雰囲気なのかな。ただTV観戦している限りでは、会場もガラガラで熱気も感じられず、オリンピックの独特の雰囲気というのはあまりない感じ。もちろん選手たちにとっては全く違うのでしょうけれど。

男子SPは最終滑走の宇野昌磨選手が、ただひとり100点越え(2位とは15点も違う)で、それまでの転倒だらけのいや~な連鎖を断ち切ってくれました。それどころか、キレッキレの演技でした。冒頭の4Fこそ乱れたものの、その後は笑みも浮かべる度胸の据わった宇野選手でした。加点もモリモリ。PCSも高い。いや、すごいわ。それでなくても宇野選手を金メダル(個人種目)だと予想する人が多いのに、この演技でそれにど~んと太鼓判を押した感じです(いや、まだわかりませんけどね)。

ペアの時に応援席の宇野選手の大あくびが映って、やっぱり大物かもと思いました。

男子SP2位は、まさかの(失礼)ビチェンコ選手。パーフェクト!今季は見せてくれますね!

3位がパトリック・チャン選手。あの演技で3位とは・・・他の選手も負けずに崩れたってことですね。チャン選手の場合、ジャンプが崩れても滑りは崩れないから。朝が早過ぎて、というようなことを言っていますね。朝早くても大丈夫なタイプとダメなタイプって、スポーツ選手でなくてもそれぞれですよね。やはりこの時間帯はキビシイのかも、NBC。

4位はネイサン・チェン選手。この演技でも4位か。こんな乱れた演技は久しぶりかも。ジャンプは全滅に近いのに、スピンステップが全部レベル4なのがすごいところ。個人戦までに調整してね。

何とロシアのコリャダ選手が8位!ジャンプがボロッボロ。崩れるにしてもここまでだと、もうどうしようもない。。。

平昌五輪 フィギュアスケート 団体 ペアSP 須崎/木原ペア8位!

名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 TARASOVA Evgenia / MOROZOV Vladimir OAR 80.92 43.78 37.14
2 DUHAMEL Meagan / RADFORD Eric CAN 76.57 41.08 35.49
3 SAVCHENKO Aljona / MASSOT Bruno GER 75.36 39.33 37.03
4 SCIMECA KNIERIM A / KNIERIM C USA 69.75 38.41 31.34
5 YU Xiaoyu / ZHANG Hao CHN 69.17 37.20 32.97
6 JAMES Vanessa / CIPRES Morgan FRA 68.49 34.66 33.83
7 DELLA MONICA N / GUARISE M ITA 67.62 35.73 31.89
8 SUZAKI Miu / KIHARA Ryuichi JPN 57.42 32.13 25.29
9 CONNERS Paige / KRASNOPOLSKI Evgeni ISR 54.47 30.70 24.77
10 KIM Kyueun / KAM Alex Kang Chan KOR 52.10 27.70 24.40

先に謝っちゃおう、すみません。何って、須崎/木原組がこんなにやるとは思っていなかったんです。まあ、当然最下位だよね、なんて思ってました。

アニメのユーリオンアイスの音楽に乗って、とても良い演技でした。ツイストが少し低かったのか、キャッチがうまく行かなかったのがもったいなかった。印象に残ったのはリフトです。3LZの入りが揃っていなくてずっと気になっていたのですが、演技がスピードに乗って流れると、それも一興という(見慣れたのもあるかも)。それにしても須崎選手は度胸が良いのですね。笑みまで浮かべてて、ここまで来るアスリートというのはやっぱりすごいんだな、と。このふたりにとっては、団体戦に出るのはとても良かったのではないかと思います。大きな大会での経験は、たくさん積むに限る。

ペアSP1位になったのは、ロシアのタラソワ/モロゾフ組。パーフェクト!加点バリバリ。お手本のような演技でした。

2位はドゥハメル/ラドフォード組。ほぼパーフェクト。今回の演技は、ふたりの動きがぴったり合って、なかなか調子が良さそうです。

3位にサフチェンコ/マッソー組。3Aスローは避けて3Fにしたのに、転倒になってしまいました。それ以外はとても良い出来。私の好きなマッソー選手の腕でサフチェンコ選手が身体を折り曲げるところが、カメラの向きで全然見えなかったのが無念・・・

Olympic Winter Games Figure skating results

********

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 亜希 より:

    朝早い影響だったんですかね~?
    団体男子SP…。それだと個人も大変だな~><。
    私的には朝早すぎて魔物さんが寝坊してジュンファン選手良演技で年の功でびちぇんこ選手はスルー出来て…他皆さんが魔物に捕まって…宇野選手は魔物がいるのに気付いてなかった説です(笑)
    ペアやダンスがゆっくりテレビで見れるのもオリンピックならではで嬉しいです♪

    • mala-mi より:

      亜希さん、こんにちは。
      始まっちゃいましたね、オリンピック。

      あ、そういうことか、宇野選手は魔物がいるのに気付いていなかった、私もその説に1票!
      オリンピックはテレビできっちりやってくれるから、良いですよね~!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.