グランプリファイナル2017 3日目 ジュニア女子紀平梨花4位!ペア&アイスダンス

ジュニア女子では紀平梨花選手が、女子で初めて国際大会で3A-3Tに成功しました。おめでとうございます!

シニアペアの激戦はサフチェンコ/マッソー組が勝ち、アイスダンスはパパダキス/シゼロン組が制しました。みんなすごい気合が入っていて、これからのもっと大きな大会にはどうなってしまうのだろうか・・・

スポンサードリンク

フィギュアスケートグランプリファイナル ジュニア女子

ジュニア女子FS

名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Alena KOSTORNAIA  RUS 132.93 72.89 60.04
2 Alexandra TRUSOVA  RUS 132.36 73.72 59.64
3 Anastasia TARAKANOVA  RUS 131.74 72.99 58.75
4 Rika KIHIRA  JPN 125.63 67.12 58.51
5 Daria PANENKOVA  RUS 125.51 70.66 54.85
6 Sofia SAMODUROVA  RUS 122.73 67.12 55.61

ロシアが表彰台独占、まあ出場選手6人中5人がロシア選手ですからね。

紀平梨花選手は3A-3Tを見事成功!しかも加点のつく素晴らしいジャンプでした。単独3Aは1Aになってしまいましたが、また次の機会ということで。それにしても「真央さんを越えた」とかやめて欲しいんですけど。。。3Aの成功はおめでたいのですが、3Aを跳んでも勝てないというところを考えないと、かも。スピンステップは全部レベルが取れているのですが。フィギュアスケートは奥が深いですね。

FS1位、総合で2位になったのはアレーナ・コストルナイア選手です。パーフェクト、加点バリバリ、ジャンプ全部後半固め打ち、すごい!手の動きなどが優雅で滑らかでとても美しい選手です。美人さんだし。

FS2位、総合1位は、SPで1位になったアレクサンドラ・トゥルソワ選手です。まだ子供っぽくて、恥ずかしがり屋さんみたいですね、かわいい。スケート靴がやたら大きく見えます。冒頭の4Sで惜しくも転倒(転倒はジュニア女子のFSでこの4Sだけ)、それ以降のジャンプは全部後半。

ジュニア女子総合

順位 名前 SP順位 FS順位 総合点
1 Alexandra TRUSOVA  RUS 1 2 205.61
2 Alena KOSTORNAIA  RUS 2 1 204.58
3 Anastasia TARAKANOVA  RUS 3 3 199.64
4 Rika KIHIRA  JPN 4 4 192.45
5 Daria PANENKOVA  RUS 5 5 191.16
6 Sofia SAMODUROVA  RUS 6 6 187.74

フィギュアスケートグランプリファイナル シニア ペア&アイスダンス

ペア

スポンサードリンク
順位 名前 SP順位 FS順位 総合点
1 Aljona SAVCHENKOBruno MASSOT  GER 1 1 236.68
2 Wenjing SUICong HAN  CHN 3 2 230.89
3 Meagan DUHAMELEric RADFORD  CAN 5 3 210.83
4 Ksenia STOLBOVAFedor KLIMOV  RUS 4 5 209.26
5 Evgenia TARASOVAVladimir MOROZOV  RUS 2 6 208.73
6 Xiaoyu YUHao ZHANG  CHN 6 4 207.14

サフチェンコ/マッソー組が優勝、おめでとう!ここで勝てたのは、五輪に向けて大きな自信になったでしょうね。めちゃくちゃ嬉しそう。3Aスローは封印するんでしょうか。SPとは全く違ったロマンチックなFSも、また素敵です。

2位はスイ/ハン組。睨みつけるような気迫に満ちた顔付きで始まりました。ハン選手の調子がイマイチだったかも。

3位にドゥハメル/ラドフォード組。調子はあまり良くなかったけれど、どうにかまとめました。いつも思うけれどドゥハメル選手ってゴムまりみたい。ショートヘアが良く似合う。このふたりは今シーズンで引退っぽいですね。

タラソワ/モロゾフ組はミスが多かったですね。何とFSは最下位になって、表彰台を逃してしまいました。最後のスピンがノーカウント、どうしてだろ。安定しているペアなので珍しいかも。このプログラムも衣装も、最近慣れてきたな・・・

アイスダンス

順位 名前 SD順位 FD順位 総合点
1 Gabriella PAPADAKISGuillaume CIZERON  FRA 1 1 202.16
2 Tessa VIRTUEScott MOIR  CAN 2 2 199.86
3 Maia SHIBUTANIAlex SHIBUTANI  USA 3 6 188.00
4 Madison HUBBELLZachary DONOHUE  USA 4 4 187.40
5 Madison CHOCKEvan BATES  USA 5 3 187.15
6 Anna CAPPELLINILuca LANOTTE  ITA 6 5 185.23

この大会はパパダキス/シゼロン組の勝利となりました。あ~、なんかすごくてドキドキする。上位ふた組ともジャッジはほとんど3しか付けていなくて、基礎点も同じで、ホントどうしましょうという感じ。次にぶつかるのは五輪になるのかな。

シブタニズが、どうして?FD最下位、全然悪くなかったのに、っていうか、ステキだったのに。全体的にレベルが高すぎでしょ、ってことですね。

Grand Prix Final 2017 Senior and Junior results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 亜希 より:

    この週末はわりとがっつり楽しませてもらいました。
    日本開催だとホント体にやさしいですよね。

    それにしても女子ジュニア・・・隣でチラ見していた主人に「え?またロシア?梨花ちゃんは間違ってロシアの国内大会にでも出てるのか」と言われました^^;どうしたら勝てるんですかね~?
    みんなジャンプ固め打ちになっちゃうと面白くないんですけどね~
    紀平選手はどんどん綺麗になりますね~!

    • mala-mi より:

      亜希さん、こんにちは~。
      あれ?私、お返事したつもりだったのですが、してないみたい・・・ごめんなさい。

      ツイッターで誰かがロシア選手と紀平選手のSPジャンプ前のステップなどの比較をしていたのですが、
      確かにロシア選手の方がずっと難しいことをしているんですよね。
      そういうところで差が出てきちゃうみたいです。
      何しろロシア人のプログラム、息つく暇もないという感じで。

      紀平選手、きれいになってびっくりですよ~!華がありますよね(大事!)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.