グランプリファイナル2017 3日目 女子 宮原知子5位、ザギトワ優勝!

盛りだくさんのGPF2017、3日目でした。どの試合も息を詰めて見る感じで、ちょっと疲れちゃいました。

まずは、シニア女子FSです。

やっぱりザギトワ選手は強かった!そしてコストナー選手、あのジャンプ構成でもこの点数を出しちゃうんですよえ。

スポンサードリンク

フィギュアスケートグランプリファイナル シニア 女子FS

女子FS

名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Alina ZAGITOVA  RUS 147.03 76.61 70.42
2 Maria SOTSKOVA  RUS 142.28 73.59 68.69
3 Carolina KOSTNER  ITA 141.83 66.87 74.96
4 Satoko MIYAHARA  JPN 138.88 67.00 71.88
5 Kaetlyn OSMOND  CAN 138.12 66.50 72.62
6 Wakaba HIGUCHI  JPN 128.85 62.67 66.18

優勝したのはロシアのザギトワ選手。やっぱり強かった。何しろこの鬼構成、すごいです。ジャンプが全部後半(これをほぼパーフェクトに跳んじゃうという)。コンビネーションのひとつは3回転―3回転では一番難しい3Lz+3Lo。ループが回転不足になることの多いコンビネーションですが、キッチリ回って加点1.30。スピンステップ全部レベル4。ダントツの技術点で、PCSは4番目でしたが余裕のトップ。総合でも223.20という高得点で優勝しました。メドヴェデワ選手を脅かす選手は、同じ国の同門の15才だったりするかもですね。

2位にソツコワ選手。片手上げのジャンプが多いですが、これについていろいろと話題になっていますね。腕が曲がっているから意味がないとか・・・衣装の色は変えた方が良いと思うんだけど(灰色)。

スポンサードリンク

3位にカロリーナ・コストナー選手、総合では4位。ジャンプは3-3がなくて、3連続も2A+1Lo+2S、ルッツも跳んでいません。でもエレメンツの加点が半端じゃありません。ジャンプにも加点バリバリ、そしてもちろんPCSはトップです。すごいな、超難しいジャンプは跳ばなくても点は取れるというお手本です。スケーティングのうまさ、所作の美しさ・・・

4位に宮原知子選手、総合では5位になってしまいました。3Lz+3Tのコンビネーションは両方のジャンプに回転不足、3Fにも付いてしまって、GOEのマイナスと合わせてかなりのマイナスになってしまいました。スピンステップは全部レベル4、ジャンプもGOEが1点以上ついているものがいくつもあります。演技自体は印象的なステップも含め、とても良かったので残念です。

5位にケイトリン・オズモンド選手。崩れても昔みたいにグダグダにはならなくなったけれど、それでもやっぱりもう少し安定感が欲しいところ。バーンと豪快なジャンプを見ていると、ミスなんてしない感じなんですけれどね。SPとFSがなかなか揃わない。

6位に樋口新葉選手、何事も経験だよ、という試合になってしまいました。緊張して体が思うように動かなかったようですね。スピンステップは全部レベルが取れているし、頑張ったよね。まだまだこれから!

女子総合

順位 名前 SP順位 FS順位 総合点
1 Alina ZAGITOVA  RUS 2 1 223.30
2 Maria SOTSKOVA  RUS 4 2 216.28
3 Kaetlyn OSMOND  CAN 1 5 215.16
4 Carolina KOSTNER  ITA 6 3 214.65
5 Satoko MIYAHARA  JPN 3 4 213.49
6 Wakaba HIGUCHI  JPN 5 6 202.11

Grand Prix Final 2017 Senior and Junior results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.