GPS2017最終戦スケートアメリカ 男子 チェン優勝!リッポン2位!ファイナル出場者決定!

スケアメ2017男子FSはアクシデントの多い試合で、始終ハラハラ。

何事にも動じず冷静に演技したのは、ヴォロノフ選手とリッポン選手。やっぱり経験って素晴らしい。

スポンサードリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2017第6戦 スケートアメリカ 男子

男子総合結果

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Nathan CHEN USA 275.88 1 2
2 Adam RIPPON USA 266.45 2 1
3 Sergei VORONOV RUS 257.49 3 3
4 Boyang JIN CHN 246.03 6 4
5 Han YAN CHN 228.33 4 7
6 Ross MINER USA 219.62 8 5
7 Takahito MURA JPN 212.77 7 8
8 Liam FIRUS CAN 210.83 11 6
9 Kevin REYNOLDS CAN 204.05 10 9
10 Roman SADOVSKY CAN 200.10 9 10

男子SP

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Nathan CHEN USA 104.12 59.56 44.56
2 Adam RIPPON USA 89.04 45.04 44.00
3 Sergei VORONOV RUS 87.51 46.97 40.54
4 Han YAN CHN 85.97 45.47 41.50
5 Daniel SAMOHIN ISR 82.28 43.85 39.43
6 Boyang JIN CHN 77.97 37.28 40.69
7 Takahito MURA JPN 75.05 37.11 37.94
8 Ross MINER USA 71.59 33.51 38.08
9 Roman SADOVSKY CAN 70.85 36.74 34.11
10 Kevin REYNOLDS CAN 69.10 32.75 36.35
11 Liam FIRUS CAN 65.17 29.67 36.50
12 Maxim KOVTUN RUS 64.98 28.94 38.04

男子FS

スポンサードリンク
順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Adam RIPPON USA 177.41 88.91 88.50
2 Nathan CHEN USA 171.76 86.68 87.08
3 Sergei VORONOV RUS 169.98 86.50 83.48
4 Boyang JIN CHN 168.06 89.06 79.00
5 Ross MINER USA 148.03 69.17 78.86
6 Liam FIRUS CAN 145.66 68.94 77.72
7 Han YAN CHN 142.36 60.56 81.80
8 Takahito MURA JPN 137.72 62.22 75.50
9 Kevin REYNOLDS CAN 134.95 64.35 71.60
10 Roman SADOVSKY CAN 129.25 57.25 73.00

コフトゥン選手はSPは滑ったけれど、右足ケガのためフリーは棄権しました。コフトゥン選手にしてはまともな選曲、普通の振り付け、地味目な衣装のSPでしたが、やっぱりケガの影響でボロボロ・・・五輪イヤーだというのに、これは厳しいです。ロシア選手権には出られるのかな。

リアム・フィルス選手はスケーティングがとてもきれい。でもジャンプが決まらないと。。。

無良崇人選手、う~ん、これは厳しいことになって来ました。フリーは最初の3Aがすごくきれいだったので、「いけるかも!」と思ったのですが。。。ここで良いところを見せられなかったとなると、五輪選考にも響いてきますね。

ボーヤン・ジン選手は両足首を負傷しているらしいです。SPもFSも、とにかく今持てる力を出し切って頑張ったのが見ていてわかりました。特にフリーは根性で最後まで滑った感じでしたね。それにしても大人っぽくなりましたね。フリーのスターウォーズの編曲は評判がイマイチらしいけれど、スターウォーズファンには面白いです。つぎはぎだらけで、こんなの使っちゃうの?って部分もあって。ジン選手のキャラクターにも合っていて楽しいです。早くケガを治して完成形を見せてね。

サモヒン選手は、FSの最初の4Tで派手に転倒して、次の4Sでも転倒して肩を痛めてしまいました(脱臼ということですが、痛みが続いているらしいです)。演技が続けられず、棄権してしまいました。

肩の脱臼というと思い出すのが、荒川静香さん、安藤美姫さん、川口悠子さん。3人とも演技中に肩が外れて、演技しながら自分で肩を入れて最後まで滑ったという、強くたくましくも美しい皆さんです。

FSのサモヒン選手がケガをした後、出てきたのがハン・ヤン選手。彼は先シーズン、肩を故障して手術してるんですよね。それでなくても事故の後の演技は、精神的に影響を受けるものだと思うのですが、肩のケガですから。そのせいかジャンプに手こずり、良いところを見せられませんでした。カッコいいプログラムなんだけれど。

FSで次はヴォロノフ選手。さすがに経験を積んだ選手だけあって集中してました。後半はヘロヘロに疲れて、演技を終わったら疲労困憊。ミスもあったけれど渾身の演技でファイナルの切符をつかみました。おめでとう~!キスクラに振付師ミーシャ・ジー!

アダム・リッポン選手は、もう本当に美しいのひと言!完全に自分の世界を作っていますね。動作ひとつひとつが、考え抜かれていて引き込まれてしまいます。SPは4回転を入れず、ほぼ完璧な演技で2位に付けました。そしてFS、冒頭の4Lzで転倒。肩が抜けたそうです・・・!トラウマになりそう(泣きそう)。これからは選手が氷に手を付くたびに、おびえてしまいそうな気がします。肩を自分でハメて、その後の演技は完璧!素晴らしかったです!PB更新!FSでは1位!総合で2位!ファイナル決定!おめでとう~!

ネイサン・チェン選手は、SPで2本の4回転を入れて100点越え。でも本調子でないのは、見ていてわかる。どうも靴も合わないらしい(って、もう結構長いこと靴問題を抱えているけれど、解決しないみたいですね)。そしてFSは、最近では珍しいミスの連続。まともに決まった4回転がルッツだけ(いや、だけって。4回転ルッツですからね・・・)。最初の4Lz+3Tだけで20点以上の点をもらえるという。。。そしてこんなにミスしても技術点86.68。やっぱり4回転ってすごい。総合で1位、当然ファイナル進出です。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2017 男子のファイナル出場者

1.ネイサン・チェン 1位1位
2.宇野昌磨 1位2位
3.ミハイル・コリャダ 3位1位
4.セルゲイ・ヴォロノフ 1位3位
5.アダム・リッポン 2位2位
6.ボーヤン・ジン 2位4位

補欠
ジェイソン・ブラウン 2位4位
ハビエル・フェルナンデス 6位1位

6位でファイナル行きを決めたジン選手と補欠のブラウン選手は、2位4位で同じなのですが、得点がジン選手の方が上になります。

なかなか楽しい顔ぶれのファイナルになりましたね。アラサーのふたりが入っているのが嬉しいです。

ISU GP 2017 Bridgestone Skate America results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.