グランプリシリーズ2017第3戦 中国杯 女子SPは大激戦!樋口2位!

GPS第3戦の中国杯が始まり、女子のSPが終わりました。

いやはや、すごい戦いで。。。予想はある程度していましたが、これは選手たちが気の毒になるくらいです。66.90も出して7位って、もうホント、どうしましょう。

スポンサードリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2017第3戦 女子SP 本田6位、三原7位

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Gabrielle DALEMAN CAN 70.65 37.51 33.14
2 Wakaba HIGUCHI JPN 70.53 37.68 32.85
3 Elena RADIONOVA RUS 70.48 37.17 33.31
4 Alina ZAGITOVA RUS 69.44 39.01 31.43
5 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 67.10 35.67 31.43
6 Marin HONDA JPN 66.90 35.01 31.89
7 Mai MIHARA JPN 66.90 34.66 32.24
8 Xiangning LI CHN 59.20 32.95 26.25
9 Dabin CHOI KOR 53.90 26.10 27.80
10 Amber GLENN USA 52.61 25.78 27.83
11 Ziquan ZHAO CHN 50.39 26.68 24.71

上位7人は点差がほとんどないので、誰もが表彰台の可能性があるという、大激戦になりました。まあ激戦になるだろうとは思っていたけど、実際こうなってしまうと、うわ~!

スポンサードリンク

同じ大会じゃないと比較にはならないのですが、参考までに前回のカナダ大会の女子SPは、こんな感じでした。66.90だと3位に入れる点数です。

SP1位になったのは、カナダのデールマン選手。先シーズン大躍進を遂げて世界選手権で銅メダルを獲得した選手です。オーサーコーチの力か?今日も力強いスケールの大きな演技でした。オーラが大きくなったのは、やっぱり経験と自信でしょうね~。

2位になったのは樋口新葉選手。デールマン選手とはたったの0.12差です。技術点では1位。今日も元気に音楽に乗って、メリハリのあるスピーディーな演技でした。今こんなにパワー全開で大丈夫なのかと思ってしまうくらいです。ただ日本女子は五輪代表に選ばれるために、この時期から全力で行かないとという事情がありますね。大変だわ。パーフェクトと思ったら3Fに!が付いちゃってます。

3位になったのはロシアのラディオノワ選手。満足の笑み、良かったです。PCSでは1位。フリーもこの調子で行けると良いね。3位まで全員70点台、すごい~。

4位はロシアのザギトワ選手。ジャンプ全部後半なのはいつも通り。コンビネーションは3Lz+3Lo(転倒したけど)だし、レベルは全部取れてるし。すごいんだけど、やっぱり物足りなく感じるところがありますね。これから経験を積んで行くと、もっと良くなって行くんだろうなあ。おそろしいわ。

5位はロシアのトゥクタミシェワ選手。調子が良いみたいでパーフェクト、練習では3Aも跳んでいるらしいです。フリーでは見られるかもしれません。このお団子状態から抜けるには、3Aは大きな武器になります。ただ絶好調の時の輝きには今ひとつ足りないかも。

6位に本田真凜選手が入りました。コンビネーションジャンプのふたつ目が回転不足をとられたけれど、ほぼパーフェクトな演技でした。それ以外はレベルも全部取れていて、カナダ大会とは全く違って見える演技でした。やわらかな身体の動きが生かされた、ステキなプログラムです。

7位に三原舞依選手。見るからに緊張していましたね。コンビネーション3Lz+3Tのふたつ目が回転不足。身体の動きが硬かったかな。フリー頑張って!

というわけで、7位までは僅差なので、表彰台がどうなるか全然予測が付きません。まずはミスをしないことですね。はぁ~・・・

ISU GP Audi Cup of China 2017 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.