グランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ 男子SP 宇野昌磨首位!

GPS2戦目のスケートカナダ、男子のSPは宇野昌磨選手の圧勝となりました。2本の4回転と3Aをきっちり決めて、もちろんジャンプだけじゃない素晴らしい演技でした。

スポンサードリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ 男子SP 宇野1位、チャン2位!

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Shoma UNO JPN 103.62 57.12 46.50
2 Patrick CHAN CAN 94.43 48.01 46.42
3 Jason BROWN USA 90.71 45.64 45.07
4 Alexander SAMARIN RUS 84.02 46.40 37.62
5 Keegan MESSING CAN 82.17 45.75 37.42
6 Jorik HENDRICKX BEL 82.08 41.89 40.19
7 Michal BREZINA CZE 80.34 42.09 38.25
8 Takahito MURA JPN 74.82 38.35 36.47
9 Nicolas NADEAU CAN 74.23 38.48 36.75
10 Paul FENTZ GER 68.48 34.91 34.57
11 Jun Hwan CHA KOR 68.46 31.78 36.68
12 Brendan KERRY AUS 63.19 31.20 33.99

カナダのキーガン・メッシング選手は、おお!なかなかすごいと思っていたら、イーグルかな、こけてしまいましたよ。SP5位。

スポンサードリンク

同じくカナダのナドゥ選手。身体が大きいから、やや大味な感じ。9位。

ドイツのパウル・フェンツ選手。何かちょっと変わった感じの選手ですね。足さばきが軽快。まあまあの出来だったかな。10位。

注目の韓国のジュンファン・チャ選手。動きっぱなしのプログラム、たいへん。ケガはもう大丈夫なのかな。これからどんどん伸びてきそうですね。甘いマスクでファンもどんどん増えて行きそうです。あら、点数伸びなかった・・・4Sはダウングレード、3Aは回転不足。音楽が合わないような気がするんだけれど・・・11位。

オーストラリアのブランダン・ケリー選手。あ~、転倒。4回転2回の攻めの構成だったけれど、ミスが多くて残念。端正なスケートという印象です。12位かあ、FS頑張って。

さて無良崇人選手。打楽器だけの見せ場のステップ、男っぽくてカッコよかったけど、4Tが・・・SPは8位。FSで挽回してほしいです。

チェコのミハル・プレジナ選手、ちょんまげを結ってきました。久々に見た「良いミハル」でした~。良かった~!SP7位。

ベルギーのヨリク・ヘンドリクス選手。難しいプログラムです、見ごたえがあります。優雅に力強く、良かったです!SP6位。

ロシアのアレクサンダー・サマリン選手。この衣装はロボットとか、そういうのイメージしてるのかな。2回の4回転と3Aを成功させました。しかもひとつは4Lz!SP4位に付けました。

アメリカのジェイソン・ブラウン選手、やっぱり良いわ!これだけ踊れて、魅せる!4回転がなくても、これだけできるんだぞ、の演技でSP3位です。

カナダのパトリック・チャン選手。やっぱりステキなスケート。ジャンプがちょっと。最終的にはSPにも4回転を2回入れるのかな。今回は1回。でも今の時期はこんなものかも。SP2位。

日本の宇野昌磨選手。ストリームが途中止まって、3Aがどうだったのか見ていないのですが、点数から見るときれいに決まったのかな。コンビネーションの2本目が2Tになってしまったけれど、すばらしい出来。音の捉え方もすばらしく、動きがすべて音にぴったりはまっている感じ。PCSもパトリック・チャン選手よりも高いです。すごいわ。当然の100点越え!当然のSP1位!

というわけで、余裕で宇野昌磨選手がSP首位に立ちました。まったくすごい人です。

上位3人とその下では、少し差がある感じがしますね。若いサマリン選手あたりがいきなり覚醒して、すんごいFSを見せてくれる、なんていうことはないかしら。

ISU GP Skate Canada International 2017

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.