グランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ 日程と出場選手と展望 宇野昌磨GPS初戦 

フィギュアスケートグランプリシリーズ、第2戦のカナダ大会が10月27日から始まります。

注目の宇野昌磨選手のGPS初戦になります。

スポンサードリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ 日程(日本時間)

ISU GP Skate Canada International 2017

開催地: リジャイナ(Regina) カナダ

開催期間: 2017年10月27日~29日

スケジュール: 右のかっこ内が日本時間です。
2017年10月27日
12:57~14:30 女子SP (28日 3:57~)
14:50~16:08 アイスダンスSD (28日 5:50~ )
17:57~19:30 男子SP (28日 8:57~ )
19:48~20:55 ペアSP (28日 10:40~ )

10月28日
11:04~12:53 女子FS (29日 2:04~ )
13:13~14:44 アイスダンスFD (29日 4:13~ )
16:50~18:45 男子FS (29日 7:50~ )
19:05~20;26 ペアFS (29日 10:05~ )

10月29日
14:00~16:30 エキシビション (30日 5:00~ )

グランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ 男子出場選手 宇野昌磨初戦!

1 Brendan KERRY AUS
2 Jorik HENDRICKX BEL
3 Patrick CHAN CAN
4 Keegan MESSING CAN
5 Nicolas NADEAU CAN
6 Michal BREZINA CZE
7 Paul FENTZ GER
8 Takahito MURA JPN
9 Shoma UNO JPN
10 Jun Hwan CHA KOR
11 Alexander SAMARIN RUS
12 Jason BROWN USA

注目は何と言っても日本の宇野昌磨選手です。構成を落として滑るというニュースがありましたが、それでも十分すぎるくらいに難しい攻める構成だと思います。宇野選手は(もちろん)優勝候補のひとりですが、この大会には他にも有力選手が出場するのに、そう簡単には勝たせてもらえないかもしれません。

その有力候補のひとりが、パトリック・チャン選手です。第1戦のロシア大会でカロリーナ・コストナー選手が素晴らしい滑りを見せて高得点を出しましたが、チャン選手も4回転ジャンプの種類こそ少ないですが、ミスなく滑ればスケーティングや表現力の面では群を抜いているので、高得点が出ると思います。

そして注目の若手、韓国のジュンファン・チャ選手。ケガのニュースがあったのでもしかしたら万全の状態ではないかもしれませんが、どんな滑りを見せてくれるのかとても楽しみなシニア1年生です。

無良崇人選手は、とにかくミスをしないで豪快なジャンプを跳ぶこと。ジャンプが崩れるとPCSも抑えられてしまうことが多いので。ミスはしようと思ってしているわけではないので、言うは易しで申し訳ないのですが・・・

ジェイソン・ブラウン選手は、どうしてもやはり4回転なんですよね。もうホントに、ブラウン選手だけは4回転跳ばなくても高得点あげてよ、なんて言いたくなりますが、そういうわけにも(もちろん)行かず・・・

他にもロシアのサマリン選手とか、チェコのブレジナ選手とか、見ている方は楽しいけれど、厳しい戦いになりそうです。

グランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ 女子出場選手 本田真凜GPSデビュー!

1 Kailani CRAINE AUS
2 Larkyn AUSTMAN CAN
3 Alaine CHARTRAND CAN
4 Kaetlyn OSMOND CAN
5 Laurine LECAVELIER FRA
6 Marin HONDA JPN
7 Rika HONGO JPN
8 Anna POGORILAYA RUS
9 Maria SOTSKOVA RUS
10 Karen CHEN USA
11 Courtney HICKS USA
12 Ashley WAGNER USA

日本からは本郷理華選手と本田真凜選手が出場します。ふたりとも、もちろん表彰台候補ですね。日本女子はすごいです。

本郷理華選手は「200点を越えないと・・・」と言っていましたが、そうなんですよね、まったくおそろしい。長久保コーチが退任されて、その影響が出ていないと良いのですが。前回の競技会の様子を見ると、今季はかなり順調に調整できているような気がします。

スポンサードリンク

本田真凜選手は、これがシニアグランプリのデビュー戦となります。いろいろと注目されていて大変だなと思うのですが、「本人は注目されること」「カメラが向いてくれること」が大好きということなので、そういうことも力になるのかもしれません。ジャパンオープンで今の演技ではシニアでは通用しないと思ったようなので、プログラムにも少し手を加えているかもしれませんね。

女子のトップクラスは実力が拮抗していて、表彰台候補がたくさんいます。

そのうちの筆頭が、カナダのケイトリン・オズモンド選手。氷の上で咲いた美しいたくましい花のような選手です。今季のプログラムを見るのがとても楽しみです。以前は不安定なところがありましたが、最近は安定しているのも強みです。

ロシア選手ももちろん強いです。ポゴリラヤ選手とソツコワ選手が出場します。ポゴリラヤ選手は少し安定性に欠けるところがありますが、力が出せたら素晴らしい演技をする選手です。ソツコワ選手は先のフィンランディア杯で、200点越えで優勝しています。

アメリカからも強豪ふたりが出場します。アシュリー・ワグナー選手とカレン・チェン選手です。ワグナー選手は言わずと知れたベテラン(氷上女優)スケーター。カレン・チェン選手は現アメリカチャンピオンです。

グランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ ペアとアイスダンス出場選手

1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN
2 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN
3 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS CAN
4 Cheng PENG / Yang JIN CHN
5 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA
6 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER
7 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS
8 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA

ペアも激戦です。

カナダのドゥハメル/ラドフォード組とドイツのサフチェンコ/マッソー組が出場します。上昇気流に乗っているフランスのジェームス/シプレ組と中国のペン/ジン組も出場します。

表彰台はこの4組の争いになるのかなと思いますが、ものすごくハイレベルになりそうです。大技も見られそうですね。

私が期待するのは、やはりサフチェンコ/マッソー組です。大技を入れるのでミスがあることも多いですが、この組の演技は見ていてとても楽しいです。技だけでなく、動き、表情も魅力的。

ドゥハメル/ラドフォード組も先シーズンがケガもあって振るわなかった分、今季にかける気持ちは大きいと思います。もちろん五輪のメダルも狙っているでしょうしね。

1 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN
4 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER
5 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL
6 Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS
7 Olivia SMART / Adria DIAZ ESP
8 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR
9 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA
10 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA

アイスダンスはヴァーチュ―/モイア組が優勝候補、というか、ダントツ勝ちそうですね。同じくカナダのウィーバー/ポジェ組やアメリカのハッベル/ドノヒュー組当りが強そうです。

ヴァーチュ―/モイア組は復帰後、負けなしですよね。強いです。激しいのも優雅なのも滑り(踊り)こなすふたりですが、今季のプログラムはどうでしょう。衣装も楽しみです。

ISU GP Skate Canada International 2017 results

グランプリシリーズ2017第2戦 スケートカナダ ライブストリーム

試合はやっぱりライブで観たい。夜中でも早朝でも!という人は、下記を試してみてください(全カテゴリーの放送があるかどうか、確認していません)。

ロシア ユーロスポーツ2

ロシアスポーツ1

FS LIVE

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.