フィギュアスケート ジュニアグランプリ最終戦エーニャ/ノイマルクト 女子SP紀平梨花2位!

ジュニアグランプリも最終戦です。この試合でファイナルに行く選手が決まります。

女子はこれまででロシア選手3人のファイナル進出が決まっています。これまでの6試合全部で、表彰台の真ん中はロシア選手が立っています。この大会にも、1戦目に優勝しているロシア選手が2人出ています。おそろしいですね~。

スポンサードリンク

JGPSイタリア大会 女子SP 紀平梨花2位、荒木菜那4位

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Alena KOSTORNAIA RUS 67.72 39.21 28.51
2 Rika KIHIRA JPN 66.72 38.28 28.44
3 Sofia SAMODUROVA RUS 66.67 38.26 28.41
4 Nana ARAKI JPN 64.57 36.91 27.66
5 Young YOU KOR 60.42 34.34 26.08
6 Hanna HARRELL USA 55.87 33.89 22.98
7 Elisabetta LECCARDI ITA 53.32 29.43 23.89
8 Alison SCHUMACHER CAN 52.43 29.17 23.26
9 Ye Lim KIM KOR 52.22 27.21 25.01
10 Sofiia NESTEROVA UKR 49.38 27.87 21.51

見ての通り、1位から4位までの差がほとんどありません。ちなみに4人ともパーフェクトな演技でした。

スポンサードリンク

強いなあ~、女子。強いな~、ロシア娘。強いな~、日本女子も!

この緊張の中でパーフェクトって、もう私には考えられないです。すごすぎて。。。

紀平梨花選手の演技、すばらしかったです。このユニークな、個性的な振り付けを、完璧に演じ切りました。紀平選手は音取りというか、リズム取りというか、音ハメというか、とにかく上手です。音楽の1音1音に、ピタッとすべてが嵌まる感じ。すばらしい~!

それにすでにオーラをまとっているように見えます。自信にあふれているというか、最初のポーズを取っただけで惹きつけるものがあります。まだジュニアなのにね、すごいです。

1位のコストルナイア選手との差は、紀平選手は2Aを前半に跳んでいることだけのような気がします。

そのコストルナイア選手は、ジュニアには難しそうな選曲なのですが、動きっぱなしで隙がありません。動きが洗練されているので、せわしい感じがしません。

3位にはロシアのサモドゥロワ選手、こちらも動きっぱなしだけれど、すごく元気でちょっと雑な感じを受けました。もしかすると曲調によるのかもしれません。

4位に荒木菜那選手、こちらもパーフェクト!身体が良く動いていました。ジャンプがたっかーい!赤い衣装もとても良く似合っています。

とにかく上位4人ともパーフェクトだったので、表彰台はFS次第で、ミスは許されない、という感じですね。うわあ、おそろしい。ドキドキです。

JGP Egna/Neumarkt 2017 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.