フィンランディア杯2017 女子 白岩優奈7位!、男子、ペア、アイスダンス

忙しい週末、全部は追いきれないので上位選手だけ見ました。

どのカテゴリーもトップ選手が出場して面白い試合となりましたが、特に男子は上位陣が拮抗してハラハラの展開となりました。

フィギュアスケート フィンランディア杯2017 女子

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Maria SOTSKOVA RUS 205.30 2 1
2 Carolina KOSTNER ITA 193.76 3 2
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 189.13 1 4
4 Angela WANG USA 183.85 4 5
5 Alena LEONOVA RUS 178.46 6 3
6 Gabrielle DALEMAN CAN 174.83 5 7
7 Yuna SHIRAIWA JPN 172.25 8 6
8 Brooklee HAN AUS 161.11 7 10
9 Dabin CHOI KOR 158.53 10 9
10 Yu Jin CHOI KOR 156.65 12 8

強いロシアンガールズたち。ロシア女子の上位陣は、手を挙げたジャンプが標準装備になりつつありますね。

1位になったのは。マリア・ソツコワ選手。ずいぶん身体を絞っている印象。しなやかな滑り。身体が大きいので、ジャンプが決まると豪快です。フリーの技術点は69.68、すごいです。ロシア女子は大変だなあ(日本も大変だけどね)。SP2位、FS1位で優勝、おめでとう!

2位になったのはイタリアの、カロリーナ・コストナー選手です。何しろPCSが高い!SP、FSともミスがちょこちょこありましたが、そんなことは気にならないプログラムの美しさ、滑りの優雅さ。無駄のないコストナー選手のジャンプが大好きです。シュッと上がって、軸が細く、両足がほとんど伸びているように組まれて美しいです。技術点では若い選手たちに届きませんが、シーズンが進んできてジャンプも安定してきたら、もっと点が出ますね。期待!

3位はロシアのトゥクタミシゥワ選手。SPは1位だったのですが、FSでミスが出てしまいました。SPが良くてFSで崩れることが、最近のパターンになってきているなあ。もったいない。それでもずいぶん調子を戻してきている感じですね。ジャンプがうまく決まった時の高さと幅!でもまだオーラが戻ってきていません。演技がうまくいかないと、オーラもなかなか出てきてくれないのかもしれませんが。。。

4位にアメリカのアンジェラ・ワン選手が入りました。アメリカのフィギュアスケート界は、中国系が大活躍ですね。ちょっと荒川静香さんを思わせる、豪快だけれど、優雅さも兼ね備えた選手です。

5位には、何と(!)アレーナ・レオノワ選手。FSだけなら3位でした。ここ数年はなかなかうまくいかないことが多かったけれど、調子を戻してきているのかな。フリーのインド舞踊はイメージに合わないと思ったのですが、いえいえすごく楽しくてぴったりでした。後半のノリの良いところは、レオノワ選手ならでは。

6位は、カナダのガブリエル・デールマン選手。相変わらず豪快だけど、ちょっと重い感じかな。まだ調整がうまくいっていない感じがしました。

白岩優奈選手は、SP8位からFS6位に巻き返して、総合で7位になりました。SPではコンビネーションジャンプの回転不足を取られて、単独フリップをミスしてノーカウント、少し緊張していたかなあ。フリーは終盤のコンビネーションのふたつ目が惜しかったけれど、とっても良かったです!曲も白岩選手にぴったり!少し悔しい試合だったかもしれませんが、シーズンは始まったばかり。がんばって!

スポンサードリンク

フィギュアスケート フィンランディア杯2017 男子

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Boyang JIN CHN 252.60 2 3
2 Vincent ZHOU USA 250.01 6 1
3 Adam RIPPON USA 249.88 3 2
4 Mikhail KOLYADA RUS 248.50 1 5
5 Ross MINER USA 233.72 7 4
6 Michal BREZINA CZE 233.28 5 6
7 Paul FENTZ GER 212.16 4 10
8 Andrei LAZUKIN RUS 210.66 8 7
9 Alexander PETROV RUS 198.57 11 8
10 Roman SADOVSKY CAN 194.17 12 9

上位4人の点差が、ほぼないに等しい試合になりました。何と4人の選手が4Lzに挑戦しています。何という時代でしょうか・・・

1位になったのはSP2位、FS3位のボーヤン・ジン選手です。おとなっぽくなりました。フリー冒頭の4Lzの美しさよ!4回転を4つも跳んだけれど、ミスが多かったです。まだまだな感じです。スターウォーズは個人的に音楽を聴くだけでワクワクしてしまうのですが、ジン選手にあってますよね(スパイダーマンの次はこれか!)。

2位になったのは、フリー1位のヴィンセント・ジョウ選手。SP6位からの巻き返し。4Lzは着氷が乱れるも、認定されています。まだこれからというプログラムですが、曲想がジョウ選手にあっていてステキ。アナウンスで、思いっきり「ヴィンセント・ズー」と呼ばれていましたね(本人はジョウと発音されないのを気にしているらしい)。

3位はアダム・リッポン選手です。SP、ベテランの滑り。こういうのは若い選手にはできないですよね。最後の決めポーズもかっこいい~!FSでは果敢に4Lzに挑戦、もうちょっと、かな。FSは昨シーズンからの持ち越し、個性的な美しいプログラム。これを表現できるのは、リッポン選手だけというプログラムです。

SP1位のコリャダ―選手は、ミスが続いてフリーは5位に、総合4位。もしかすると表彰台を意識してかたくなっちゃったのかも。

フィギュアスケート フィンランディア杯2017 ペア

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Cheng PENG / Yang JIN CHN 198.03 1 2
2 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 193.5 3 1
3 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 184.78 2 4

ペン/ジン選手が優勝!増々息がぴったりで、初めからペアを組んでいたんじゃないかと思う位雰囲気もあってますね。ミスもあったけれど、まだシーズン序盤だからね。

それにしてもストルボワ/クリモフ組。FSは順調な出だしだと思っていたのですが・・・リフトで体勢を崩して途中で女性がおりてしまった上、男性が転倒。その時靴ひもが緩んでしまったらしく、再び男性が転倒。靴ひもを結び直して再開。でもこのアクシデントの後の技をちゃんと決めたのは、さすがでした。

フィギュアスケート フィンランディア杯2017 アイスダンス

順位 名前 総合点 SD順位 FD順位
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 188.25 1 1
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 166.88 2 2
3 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 158.21 3 5

パパダキス/シゼロン組の圧勝!まあ、誰も驚かないけれど。FDは転倒があって(全然気にならなかったけど)、あの点数です。おそろしいですねえ。それにしても美しくて、見とれてしまう。ほ~っとため息。今のこの時期にこの完成度。これからが楽しみ~!

Finlandia Trophy Espoo 2017 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.