ネーベルホルン杯2017 アイスダンス 村元/リード組2位!五輪枠獲得!

見ていて涙が出てきてしまう演技でした。村元哉中/クリス・リード組のフリー。

五輪枠を見事獲得です。おめでとうございます!

ネーベルホルン杯2017 アイスダンス リンクに桜咲く!

アイスダンスフリー

順位 名前 FD得点 技術点 演技構成点
1 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 105.34 52.72 52.62
2 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 96.63 51.12 45.51
3 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 91.41 47.59 43.82
4 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 88.50 46.99 41.51
5 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 87.86 47.58 40.28

村元/リード組のフリー、坂本龍一メドレー「桜」は、本当にこのふたりにぴったりの、美しいプログラムです。このプログラムで五輪シーズンをすごせるのは、とても幸運なことですね。

最初のツイズルから息もぴったり、危なげない演技でした(が、ドキドキ見ていた私でした)。リフトにも工夫があって、すごく難しいのだろうけれどスムーズなので、それを感じさせない。プログラムを通して流れがあって、とてもとても良かったです。

自分たちの手でつかんだ五輪切符、頑張ってほしいな~。

1位になったイギリスのクームズ/バックランド組は、フリーもさすがの演技。ダイナミックだなあ。先シーズンはケガとそのリハビリで棒に振り、五輪シーズンに復帰となりました。間に合って良かったです。

日本は男子と女子、アイスダンスの3カテゴリーで五輪枠を獲得しているので、団体戦の出場の可能性が大きくなりました。もし団体戦参加ということになれば、個人戦には出場しないペアも、団体戦には出場ということになります(この場合も須藤/オデ組以外の、男女とも日本国籍のペアが出場となります)。


アイスダンス総合

スポンサードリンク
順位 名前 総合点 SD順位 FD順位
1 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 177.13 1 1
2 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 159.30 2 2
3 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 152.50 3 3
4 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 143.80 7 5
5 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 143.44 9 4
6 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 143.22 6 6
7 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 142.95 4 8
8 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM 140.98 8 7
9 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 138.45 5 9
10 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER CAN 134.84 10 10

平昌五輪 フィギュアスケート アイスダンスの出場国

今回のネーベルホルン杯で出場枠を獲得したのは、イギリス、日本、ドイツ、韓国、チェコ、スロバキアの6ヶ国です。

世界選手権2017で出場枠を獲得したのは、カナダ、アメリカが3組、フランス、ロシア、イタリアが2組、イスラエル、デンマーク、ポーランド、ウクライナ、中国、トルコ、スペインが1組です。

このネーベルホルン杯で、SPを4位に付けて総合で惜しくも7位になった、リトアニア代表の女性アリソン・リード選手はキャシーとクリスの妹さんです。もし五輪枠が取れた場合に国籍をどうするつもりだったのか(補欠1位なのでもしかするとまだ可能性はあるかも)、ちょっとわかりませんが。これからの活躍に注目したいと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.