川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ組が引退!

オリンピック出場のために、国籍までロシアに変えて活躍してきた川口悠子選手。ヨーロッパ選手権で優勝したり輝かしい業績を残しましたが、自分やパートナーのケガに泣かされた現役生活でもありました。

お疲れさまでした。そしてありがとう!

川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ組の輝かしい業績!

2010年の欧州選手権で、川口/スミルノフ組が優勝した時には、ドイツのユーロスポーツの解説者が「日本人がヨーロッパ王者になった!」と冗談めかして言っていましたっけ。あれももう8年近く前になるんですね。

川口悠子さんのすごいところは、もちろんペアスケートの為にアメリカに行ったりロシアに行ったりした行動力もそうだけれど、サンクトペテルブルク大学を卒業という、そんなすごいことまでやり遂げているところ。もちろんキス&クライではよく見られましたが、スミルノフ選手やタマラ・モスクビナコーチなどともペラペラのロシア語で会話しています。日本のテレビなどのインタビューでは、通訳の代わりにスミルノフ選手の間に入ったりしていましたね。

語学って、そこに住めばいつの間にか覚えられるなんている簡単なものではないし、大学まで卒業するというその努力は本当にすごいと思います。そしてもちろんその努力がフィギュアスケートの華々しい業績にも結び付いた、ということなんですね。尊敬します。

スポンサードリンク

世界選手権で銅を2回、欧州選手権で金を2回、銀を2回、銅を1回という、すばらしい業績を残しました。閉鎖的なロシアのしかもお家芸とも言えるペアで、外国人がロシア代表になったのはもちろん川口選手が初めてです(この時ロシアはペア不振にあえいでいたのでした。それを救った救世主でもあるんです)。

川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ組はオリンピックに関しては不運でした・・・

国籍をロシアに変えて臨んだバンクーバー五輪では、惜しくも4位でメダルを逃してしまいました。ソチ五輪の前にはパートナーのスミルノフ選手が靭帯損傷の大けがをしてしまい、出場を見送りました。ソチ五輪後の引退を表明していましたが、出場できなかったために撤回して平昌五輪を目指すことに。ソチ後の復帰した年は好調でしたが、2016年1月に今度は川口選手がアキレス腱を断裂してしまいます。2016-2017シーズンは復帰するも思うような成績が残せず、欧州選手権や世界選手権出場を逃してしまいました。

そして、2017年9月引退を決意・・・

私が川口選手を知った頃はまるで少女のようでしたが、気付けばもう35歳なんですね。

これからはロシアで指導者になるという報道もありますが、日本でペアをどうにかしてくれないかしら、なんてことを考えてしまいます。

いずれにしても、これからの川口悠子さんの人生が幸せに輝きますよう!もちろんスミルノフさんの人生もね!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.