フィギュアスケートの観戦マナー(特に海外の場合)

オータムクラシック2017にはたくさんの日本人ファンが詰めかけたようですが、マナー面で問題が多かったようです。フィギュアスケートの人気が出るのは嬉しいことですが、特に海外の試合ではひとりひとりが自覚を持って行動したいですね。最近はたった一人の行動でもSNSで流れてしまえば、全世界に広がってしまいます。

日本のフィギュアスケートファンはマナーの良いことで知られていますし、日本選手に限らず公平に応援することでスケート選手たちにも好感を持たれています。一部の人の行動で、それが崩されることのないように願っています。

私がこういうことを記事にしても、読んでくれるのはそもそもちゃんとマナーを守る人なんだろうなあ、とも思うのですが・・・

選手の迷惑になるようなことをしない

贔屓の選手に近付きたい、できれば言葉を交わしたい、ツーショットも撮りたい、という気持ちはとても良くわかります。

でもこちらはその選手のことを良く知っていても、向こうから見たら知らない人です。いきなり近付いて行ったりしたら、やはり迷惑ですよね。自分に知らない人がいきなり近付いてくることを想像すればわかると思います。

競技会の時には、選手も神経質になっていることが多いですし、競技に集中したいはずです。サインをせがんだり、写真を撮ったりするのは、ちゃんとその時の状況を確認してからにしたいですね。

スポンサードリンク

日本国内の競技会では写真やビデオの撮影は禁止されていますが、海外の試合ではほとんど自由です。それを良いことに、フラッシュや大型望遠レンズで撮影する人もいるのですが、気をつけたいですね。特に演技中のフラッシュは、選手にとってとても危ないんですね。目がくらまないまでも、集中力を途切れさせてしまったりします。

応援している選手の邪魔は、したくないですよね!!!

フラッシュ撮影をしている人がいたら勇気を持って注意するか、それができなければ係りの人を連れてきて注意してもらうようにした方が良いかと思います。

応援している選手だけではなく他の選手の演技も観戦する

かなり前の話しです。海外のGPSを観戦した時の事。当時絶大な人気のあった選手がいて、その国の人達が会場に詰めかけたことがあります(GPS開催国とは別の国)。その選手だけを見に、です。その選手の演技が終わったら、さ~っと帰って行ってしまい、唖然としました。

これに近いことが、最近日本人選手のファンにも起きているようです。席だけがっちり確保して、お目当ての選手の出場の時まで空いたまま、ということがあるようなんですね。

これって完全にマナー違反でしょう。

自分の好きな選手を思い浮かべてみてください。その選手がそのことを知ったら喜ぶでしょうか?

特定の選手のファンのマナーが悪い、と言っているつもりはありません。以前から多かれ少なかれ、そういう人がいないことはなかったからです。ただ最近どうもそういうことが増えているのでは、と思うんです。SNSの発達で目に入るようになったということなのかもしれませんが。

大好きなフィギュアスケート、みんなで楽しく気持ち良く観戦したいものですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 亜希 より:

    どうしようもない、仕方のない事だとは思いますが、「フィギュアスケートのファン」ではなくて「スケーター個人のファン」が増えてるんですよね~。
    オリンピックに向けてこれからも増えるんでしょうね・・・^^;
    フィギュアスケートなら何でもいい私としては地方大会のちびっ子たちもみんな可愛いしフィギュアスケートがあまり盛んでない国の選手でたとえ10点台の選手でも一生懸命頑張って滑ってくれると楽しく見れるんですけどね~
    チケットの無駄遣いするならピンポイントで(G単位位で)交代するから変わってほしいわ~。
    最終Gとかじゃなくても楽しめますし、ダンスやペアは席空いてたりしますもんね。チケット取れなさすぎなんですよ><。

    • mala-mi より:

      亜希さん、こんにちは~。
      そうなんですよね、スケーターのファンであって、フィギュアスケートのファンではないんですよね。
      仕方ないですけれど、でもマナーだけは守ってもらわないと。
      本当のフィギュアスケートファンにチケット買わせろ~、とも思っちゃいますよね。

      今回は、観戦マナーについてはSNSで媒体を持っている人が呼び掛けていくしかないのでは、というのに賛同して記事にしました。
      私のブログ、そこそこ見に来てくださる人がいるので。
      でも個人スケーターのファンの人は、私のブログは見ないよね、という気も・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.