フィギュアスケートジュニアグランプリ2017第3戦リガ大会 女子紀平梨花2位、ペアりくしょう頑張った!

ジュニアグランプリ2017、リガ大会の女子とペアが終わりました。

女子の紀平梨花選手がフリー1位で総合2位、おめでとうございます!ペアでJGP初参戦の三浦璃来/市橋翔哉組も、良かったです!

フィギュアスケートジュニアグランプリ2017第3戦リガ大会 女子

女子FS

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Rika KIHIRA JPN 125.41 69.39 57.02
2 Daria PANENKOVA RUS 119.15 65.49 55.66
3 Yuhana YOKOI JPN 114.4 61.11 54.29
4 Emmy MA USA 112.7 56.68 56.02
5 Alisa FEDICHKINA RUS 108.5 55.19 53.31
6 Ashley LIN USA 106.66 55.74 50.92
7 Anastasiia ARKHIPOVA UKR 105.07 53.93 51.14
8 Hyun Soo LEE KOR 93.36 47.90 46.46
9 Viveca LINDFORS FIN 90.47 46.31 44.16
10 Klara STEPANOVA CZE 89.09 50.01 39.08

優勝したのは、ロシアのダリア・パネンコワ選手です。ロシアは強いですね~。でも、パネンコワ選手に関しては「おおお、またすごいロシア娘が!」とは感じませんでした。いえ、すごいんですよ、十分。SPだけじゃなくFSもジャンプは全部後半、ほとんど両手挙げですからね。FSはジャンプをミスして転倒もしているので、そのせいかな。スケーティングかもしれない、それともすごいロシア選手を見慣れてしまったのかな。JGPデビューのロシア選手には珍しく、あまり子供っぽくない選手です。

総合2位に入ったのは、FS1位の紀平梨花選手です。SPは緊張していたのかジャンプが乱れて、まさかの6位発進になりました。このSP、ものすごく難しいけれど、これを完璧に滑れたら、すごく素敵なプログラムですね。完成形が見てみたいです。FSはさすがです、1位!3Aは惜しくも転倒してしまいましたが(認定されてます)、それ以降は素晴らしい滑りでした。レベルの取りこぼしがあるので、まだ上げられますね。ただ、音楽が・・・紀平選手に限らず、この大会の女子は、どうしてこの曲にしたの?と思うことが多かったです。

銅メダルはアメリカのエミー・マ選手でした。FSは4位でしたが、逃げ切り。子供っぽい選手が多い中、ちょっと大人で背も高い優雅な16歳。まったく知らなかった、ノーマークの選手です。FSを滑り終わった後の、「やった~!」という嬉しそうな顔を見て、こちらも幸せな気分になりました。

4位にはロシアのフェディチキナ選手、SP2位からFSは5位に。すっかり大人っぽくなりましたが、まだ15歳なんですね。ロシアの女子選手が大人っぽくなると・・・う~ん、こうなっちゃうことが多いなあ。ジャンプが不安定。。。

5位に横井ゆは菜選手が入りました。大人っぽくなりましたよね~。フリーだけなら3位でした。フリーは良かったけれど、もう少しメリハリが欲しいかな。最後のコンビネーションが2A+3T+2T!お見事!GOEが1.40も付いてます。

今季JGPの女子表彰台は、ロシアと日本独占、とはならないみたいですね。

女子総合結果

スポンサードリンク
順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Daria PANENKOVA RUS 185.80 1 2
2 Rika KIHIRA JPN 180.46 6 1
3 Emmy MA USA 172.62 3 4
4 Alisa FEDICHKINA RUS 171.98 2 5
5 Yuhana YOKOI JPN 169.59 5 3
6 Ashley LIN USA 161.23 8 6
7 Anastasiia ARKHIPOVA UKR 158.61 9 7
8 Hyun Soo LEE KOR 148.00 7 8
9 Alison SCHUMACHER CAN 144.61 4 11
10 Viveca LINDFORS FIN 136.94 10 9

フィギュアスケートジュニアグランプリ2017第3戦リガ大会 ペア

時間の関係で、ペアは三浦璃来/市橋翔哉組しか見ていません・・・

りくしょうこと三浦璃来/市橋翔哉組はこの大会が、国際メジャー大会デビュー、ミスもあったけれどすごく良かったと思いました。フリーは、スローがふたつとも決まって、SBSの2Aもばっちりでした。リフトのふたつ目が崩れてしまってノーカウントになってしまって、もったいなかったです。上げる時のタイミングが合わなかったのかな。ペアは大変だなあ、特に男性に責任が重くのしかかるような気がしました。もちろん女性だって大変なんだけれど。このふたり、これからがとっても楽しみです。

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV RUS 157.51 2 2
2 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII RUS 153.93 1 4
3 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD CAN 153.73 5 1
4 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 151.50 3 5
5 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW USA 151.27 4 3
:
10 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI JPN 114.31 10 8

ISU JGP Riga Cup 2017 result

公式動画はこちら

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.