フィギュアスケートジュニアグランプリ2017第2戦ザルツブルグ大会 女子

やっぱりロシアは強い、次から次へと出てきますね。。。

山下真瑚選手が3位と健闘しました。

フィギュアスケートジュニアグランプリ2017第2戦ザルツブルグ大会 女子FSと総合結果

女子FS

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Anastasia TARAKANOVA RUS 130.00 70.55 59.45
2 Eunsoo LIM KOR 121.55 64.32 57.23
3 Mako YAMASHITA JPN 116.55 59.44 58.11
4 Anastasiia GUBANOVA RUS 106.76 52.99 55.77
5 Starr ANDREWS USA 99.35 47.12 52.23
6 Moa IWANO JPN 94.05 44.16 49.89
7 Angelina HUANG USA 92.42 48.03 44.39
8 Lea Johanna DASTICH GER 90.61 49.96 41.65
9 Anita ÖSTLUND SWE 89.82 43.83 45.99
10 Polina USTINKOVA SUI 89.05 49.15 40.90

金メダルを獲得したのはSPとFS両方1位の、ロシアのタラカノワ選手。総合196.68という高得点でした。ノーミス、最初のコンビネーション以降のジャンプは、すべて後半。すごい勢いでビュンビュン、という感じのスケート。脚がまっすぐじゃない気が。。。それとちょっと荒っぽいと言うか、まあまだ13歳の女の子ですからね。これからブラッシュアップしていくのを期待!

スポンサードリンク

2位になったのは韓国のイム・ウンス選手でした。失敗してしまった2A以外のジャンプの美しいこと!まだ細くて子供っぽい体つきだけれど、身体の動かし方は優雅で大きく、表情も大人っぽい。今年は来そうですね。

3位に山下真瑚選手、おめでとうございます!勢いのある、良い演技でした!2Aで転倒、回転不足を他に2つ取られてしまいましたが、仕草なども魅力的で、これからの可能性を感じる演技だったと思います。無邪気な笑顔がかわいかったです。

ロシアのグバノワ選手がフリー4位で、総合も4位。先シーズンの勢いはないような。。。2度の転倒があって、コンビネーションも2つしか跳べていないのに、この点数はさすがと言うべきなのか。。。魅力的な選手なのですが。

5位にアメリカのスター・アンドリュース選手。チョコレート色の肌に、とっても素敵な白系の衣装。挑戦した3Aはダウングレードされてしまいましたが、3S+3T+2Tを後半に成功させました。

6位に入ったのは、岩野桃亜選手でした。SP7位から一つ順位を上げての、フリー6位、総合6位です。素敵な演技でした!一見ほぼノーミスだったのですが、ジャンプの回転不足やダウングレード、エッジエラーなど、いろいろ引かれちゃっているんですね。身体の動かし方などステキな選手なので、これからに期待します。

女子総合結果

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Anastasia TARAKANOVA RUS 196.68 1 1
2 Eunsoo LIM KOR 186.34 2 2
3 Mako YAMASHITA JPN 181.04 3 3
4 Anastasiia GUBANOVA RUS 160.75 6 4
5 Starr ANDREWS USA 159.28 4 5
6 Moa IWANO JPN 147.99 7 6
7 Anita ÖSTLUND SWE 144.78 5 9
8 Lea Johanna DASTICH GER 140.77 9 8
9 Loena HENDRICKX BEL 135.54 8 11
10 Angelina HUANG USA 134.1 18 7

ISU JGP Cup of Austria 2017 result

公式動画はこちら

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.